マーケティングに使える心理学テクニック マジカルナンバーとは?

 

マジカルナンバーを活用する事で、どのような効果が得られるのか?

ユーザビリティーの高いサイト作りに役立ちます。

 

マジカルナンバーとは?

 

人間が短期間に複数の情報を捉えられる数は、

基本は7個で、人によって個人差があるので、

±2として5~9個だと言われています。

 

これをマジカルナンバーといい、

アメリカの心理学者である、ジョージ・ミラーによって、

提唱されたワードです。

 

マジカルナンバーの実例

 

これはすでにどのサイトにも活用されています。

例えば上位カテゴリーの設置です。

AKBの紹介サイトを作ったとして、無造作に名前だけ羅列していたのでは、

数が多すぎてなにがなにやら分かりにくいですよね。

 

そこで、上位カテゴリーとして、

「チームA」「チームK」「チームB」「チーム4」「チーム8」の、

上位カテゴリーを作り、その中にそれぞれの所属のメンバーの名前を整理する。

 

その他にも、グローバルメニューに階層を設けて、

分かりやすく自分の知りたい情報が整理されている、

企業サイトなどもありますね。

 

事業所・・・A事業所・B事業所・C事業所

会社情報・・・会社概要・歴史・あいさつ

 

こうした取り組みは、ユーザーにとっての、

使い勝手が向上するので、サイトの評価も上がります。

そうなれば、SEO的にも効果があり、検索エンジンからも評価が上がり、

結果的にアクセス増加も見込めます。

 

アフィリエイトを行う上でも、

こうしたサイト作りは必須ですね。

 

特にトレンドアフィリエイトで、

意味も無く数十もの細かいカテゴリー分けしている人見かけますが、

あれはユーザーにとっては情報が多すぎます。

 

余程のファンで無い限り、カテゴリーまで見ませんが、

そうした意識でブログ作りに取り組むと良いですね。

 

それに、サイトアフィリする時にも、

やはり視認性の高いサイトの方がユーザーにとっても、

喜ばれますので、サイト作りの際にやはり役立ちます。

 

こうした、小さなテクニックを積み重ねる事で、

大きなリターンが返ってくるので、

一度自分のサイトも見直してみましょう。

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収64万、日給8万4千達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら