マーケティングに使える心理学テクニック テンション・リダクションとは?

 

テンション・リダクションを活用することで、どんな効果が得られるのか?

目的の商品の他にも、関連商品の購入率がアップします。

 

テンション・リダクションとは?

 

人は自分にとってなにかとても重大な決断をする時には、

判断を決定するまでは、とても緊張して身構えます。

ですが、一旦決断をしてしまうとその反動で、

これまでの緊張が嘘のように和らいで、緊張状態が解けます。

 

この状態の事を「テンション・リダクション」と言います。

心身共に無防備状態になるので、この瞬間に関連商品をオススメすると、

購入率がアップします。

 

テンション・リダクションの実例

 

例えば、天下のAmazonの場合なんかは、

商品を購入するときに「カートに入れる」という行動を、

起こさなければいけません。

 

この時点では、まだ購入確定ではないのですが、

人によってはこの行動ですら重大な決断と同義なのです。

ちなみに、Amazonでカートに入れるとこんな画面になります。

 

あま

 

 

そして、基本的に関連商品は購入商品よりも、

安価なモノを表示することで、より購入率がアップします。

ここではKindleのアクセサリーなどが中心に、表示されています。

 

ちなみに、これだけではカートから外されてします可能性も、

十分あるので、一度カートに入れた商品を削除しようとカートを見ると・・・

 

あま2

 

 

前回とは違った商品が表示されていました。

当たり前のことかもしれませんが、

こういった細かい配慮を、僕たちも意識すべきですね。

 

他のECサイトでも、購入したあとに関連商品を表示させるサイトもあるようです。

「買った商品と一緒に買えば、尚いいですよ」とオススメすれば、

一度購入した事実は強力なので、買ってもらえる可能性は非常に高いです。

 

Amazonの場合、ここまで自然にさりげなく表示されると、

特に「くどいな」とは思わないのですが、

ネットビジネスでは、あまり押しが強いと逆効果です。

 

元々、信用度の低い業界なので、

変に売り込まず、あくまで、

「これ自分で使ってみて、こんな結果が出たのでオススメです」

といった根拠となる証拠と一緒におすすめすれば、

購入率は上がるでしょう。

 

ただし、先程も言ったように、

購入した商品より、割安な商品を用意するのがポイントです。

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収64万、日給8万4千達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら