サイトやブログの広告クリック率アップの為に知っておくべき3つのユーザー行動と心理

 

どうも、アマさんです。
今回は広告のクリック率アップに関する記事を書いていきます。
クリックしてもらうためにはまず
ユーザーの心理を読み取る必要があります。

 

優先すべきはクリック率

まずクリック広告の売上(報酬)を上げるための公式は
売上(報酬)=アクセス数×クリック率
になります。

 

単純に考えればこれらのどちらか
もしくは両方をアップさせれば
売上がアップします。
でも今回重要視して欲しいのは「クリック率」です。

 

よくある勘違いとしては
アクセスアップさえすれば必然的に売上が
その分だけアップするという考えです。

 

実際問題、それなりに売上は上がるでしょうが
アクセスアップしただけでは単純に望む売上が上がらないのが
マーケティングの世界です。

 

アクセスが集まっても広告がクリックされなければ
結局は意味がありませんからね。
なので要は「ユーザーがいかににクリックしてくれるか」
なんですよね。
アクセスなんて後でどうにでもできますから。

 

だからこそ、ユーザーの心理を読み取って
クリック率を上げる為の仕組みを理解していないと
思うように売上は上がりません。

逆に言えば、この仕組みを理解してサイトなりブログなり
作っていれば、あとはアクセス集めた分だけ売上も望むように上がります。

 

広告の種類に関しては、クリック型のアドセンスや
クリックされた先で商品購入してもらえると
金額に応じて一定の割合のパーセンテージが
報酬になる成果型があります。

 

稼ぎやすさの度合いは違えど
根本的な戦略は変わりません。
なのでどちらにも言える基本を抑えておけば
より戦略も立てられるようになるのでしっかり学びましょう!

 

具体的な解説

広告をクリックしてくれる人は
なぜクリックしてくれるのでしょう?
要因は3つあります。

1.広告表示ページのコンテンツでは満足できず
 より詳細な情報を求めてクリックする。

2.広告表示ページの内容に満足し
 お礼の意味を込めてクリックする。

3.誤クリック(爆)

 

ではまず

1.広告表示ページのコンテンツでは満足できず
 より詳細な情報を求めてクリックする。
から解説していきます。

 

これは、ユーザーが見ているコンテンツ(記事や情報)の中に
自分の求めているものが無い場合は、「広告先により詳細な情報があるんじゃ?」
と思って、クリックする人がいます。

 

アドセンスにしても成果型にしても
大体がその広告先のページの方がより詳細な情報が
詰まっていることは確かです。

 

なので、中にはあえて中途半端な情報しか出さずに
ユーザーを広告へと誘導している人もいますね。
しかし、現在の検索エンジンンを実質牛耳っているのは
天下のGoogleさんです。

 

僕自身トレンドアフィリエイト(旬な記事をブログに書いて投稿しまくる)
経験者なので、検索エンジンの重要性が分かるのですが
このGoogleさんに「好かれる=上位表示」となります。

 

Googleが一番評価している部分は、簡単に言えば
「よりユーザーにとって有益なコンテンツを提供しているか」
という点です。

 

なので、あえて中途半端なコンテンツばかりで
あからさまに内容が薄かったり、広告への誘導が強いと
検索エンジンからの評価が低くなり
必然的にアクセスが減っていきます。

 

なのでこの「中途半端作戦」を意識するのはオススメしません。
以前よりも、Googleさんは中身重視になってきているので
中途半端なコンテンツばかりでは、記事は愚か全体的に
嫌われる羽目になり、アクセス激減です。

 

ページ2に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収64万、日給8万4千達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら