パソコンが重い時の対処法!タスクマネージャーで負荷の多いプロセスを知る!

パソコンって時々ものすごく重くなることってありませんか?

最近デスクトップのパソコンが重く、よくフリーズして作業に支障が出たので対処法を探ってみました。

パソコンが重い時の対処法っていくつかあると思います。

まず比較的簡単に出来る「視覚効果OFF」をご紹介します。

視覚効果をOFFにする

例えばデスクトップの背景画像1つにしろ、それだけでも負荷はかかってます。

あとは、ファイルの縮小表示だったり、ブラウザの視覚効果だったり。

これらをOFFにする事で、パソコンへの負荷を抑える事が出来ます。

スタートメニュ→コンピューター(この上で左クリックしてプロパティ選択)

すると以下のよう表示が出てきますので、「システムの詳細設定」をクリックします。

負荷

そして、パフォーマンスの設定をクリックします。

負荷01

とにかく軽くしたいのであれば、「パフォーマンスを優先」にすると全ての視覚効果が無くなります。

スタイリッシュなデザインではなく、本当に作業だけ出来ればいいという状態になります。

ですので、作業を優先する時はこれでもいいと思います。

ただ、私の場合はカスタムにして「アイコンの代わりに縮小版を表示する」という項目だけはチェックを入れています。

負荷02

例えば、チェックを入れているとこんな感じ一発でどの画像かが分かります。

画像

ですが、チェックを入れていないと名前の変更をして管理していない限りは分かりづらいです。

画像01

ですので、視認性に関しては前者の方が見やすいので私はそうしてます。

これは、かなり簡単にパフォーマンス向上できますのでお試し下さい!

タスクマネージャーを活用する

次にオススメしたいのが、パソコンを使用している途中で重いなーと感じた時に、現在使用中のどのプログラムが大きな負荷をかけているのかを判断する方法をご紹介します。

「Ctrl+Shift+Esc」を同時に押すとタスクマネージャーが開きます。

「パフォーマンス」でメモリと利用可能の数字をチェックします。

タスク

メモリが緑で埋まりそうならかなり、負荷がかかっている事が分かります。

利用可能の数字が少ないほど、余裕が無い事が分かります。

「プロセス」というタブをクリックすると、こんな感じでどのプログラムがどれだけメモリに負荷をかけているのかが分かります。

タスク01

まず、「メモリ」をクリックして数字の大きい順に並べます。

次に「イメージ名」を確認すると「chrome」という文字が上位を占めています。

この場合、ブラウザのグーグルクロームで開いているページが一番負荷がかかっているという事です。

ただ、複数のタブを開いている場合、どのタブのページが一番負荷がかかっているのかまでは消してみないと分かりませんので、閉じてもいいのか確認しながら消すといいでしょう。

こうやって負荷のかかっているプログラムを見つける事で、一気に負担を解消する事も可能です。

実際に私はブラウザのタブの開きすぎでパソコンが重くなっていて、必要なものだけを表示するようになってから快適になりました。

何が原因で動作が重くなっているのか分からない人は、是非試してみて下さい!