【元猿岩石】有吉はなぜ復活できたのか?リスク管理を学ぼう!

こんちゃーっす!

アマさんです。

今回は、大人気の有吉さんについて書いていきます。

有吉が復活したきっかけ

これは僕ずっと気になっていました。

今やテレビで見ない日はないほどですもんね。

年収も推定5億?とか言われていますね。

ギャラは冠番組で1本150万で、他は50万とか。

月収が3500万円とかも言われています。

しかし、稼いでいる今でも昔と変わらない質素な生活をしているようです。

そんな有吉さんも、猿岩石時代は月5万円だったそうです。

猿岩石として電波少年に出演していた頃、

ギャラは月5万円で、半年間旅に出ていて一切使わなかったので、

本人は帰ってきたら「30万円の貯金が出来ている」から喜んでいたら・・・

いきなり4000万円もの大金が振り込まれ、

その後人気沸騰し、貯金も最大7000万円まで増えたんだとか。

そして、いわゆる天狗になってしまい、

仕事面では「自分はなんでも出来て、偉いんだ」と勘違いをしていました。

こうして、だんだん周りから嫌われ始め、

人気がなくなれば、急激に仕事がなくなる。

それでも生き残れたのは、危機管理力が優れていたからです。

「こんなのいつまでも続くはずがない」

税金で4000万ほどに減った貯金で、

ブームが去って復活まで約8年貯金で生活してきたそうで、

これがなければ今頃・・・

再ブレイクのきっかけは、竜兵会?とも言われています。

あとはアメトークで自ら企画した、「芸能人にあだ名を付ける」企画で、

その時の品川庄司の品川さんにつけたあだ名が話題になり、

「あだ名」ネタがブレイクして人気が出たそうです。

天狗にはなったものの、現状を分析してお金を残せたことが、

大きかったのではないかと思います。

そして、残りのお金から生活費を逆算し残りの猶予を出す。

さあ、この期間でどうしなければいけないのか?