アニメやマンガの実写化について!メリットやデメリット

ども、アマテラスです。

今回はここ最近気になっていた、

アニメや漫画の実写化について思うことを書きます。

最近実写化が多い

トレンド記事書いていると思うのですが、

アニメや漫画の実写化がよく目に付くようになりました。

今年で言えば、「るろうに剣心」とか「ルパン3世」とか

「僕は友達が少ない」とか。

他にも少女マンガの「ホットロード」なんかもあります。

僕もアニメは好きなので、時間が空いた時はいろいろ見ていますが、

実写化って興味はあるんですけど「微妙」だと思っているんですよね。

なにがって、あの世界観を実写で表現しようとしても、

完璧には出来ないじゃないですか。

いくら現在の撮影技術がが優れていたからって、

特にバトルものなんてのは残念な結果になる事が、

ある程度予想できてしまいます。

個人的には「るろうに剣心」の原作は好きですが、

実写版は微妙でした。

興味本位で見ましたが、やはり細かいところを言うとキリがないくらい、

物足りなさを感じざる終えませんでした。

新たなエンターテイメントとして認めるべきなんでしょうけど、

原作ファンにとっては実写化されるたびに「なんだかな~」と、

阿藤快ばりにつぶやいてしまうわけです。

実写化のメリットやデメリット

実写化のメリットと言えばなんと言っても、

注目度をアップさせるということじゃないでしょうか。

特に、日本のアニメや漫画は世界中で愛される文化ですから、

それが実写化されるということは世界中のファンが気になるわけです。

そして、実写化ということで、

俳優や女優が演じるので、そのアニメや漫画に興味がない人でも、

キャスト自身のファンであれば見に行く可能性も高いですよね。

ストーリーが気に入れば、その作品のファンに取り込むことも出来ます。

ただ、デメリットとしては、

どんな作品でも実写化することは出来ないと言う事でしょう。

いくら注目してもらいたいからって、再現性不可能な原作を無理やり、

原作無視して製作しても、逆にファンが離れる原因にもなります。

あとは監督によっては、原作通り再現する人もいれば、

独自の感性を入れてきて、オリジナル要素を入れてくる人もいるので、

失敗するとただただバッシングされるだけという結末に・・・

映画なんてとんでもない制作費かけて、

回収しなければいけないので本当に大変だと思います。

それに比べ、ネットビジネスなんてしれてますね 笑

失敗しようがリスクなんてほとんどないし。

そういうことなので、じゃんじゃん挑戦していきましょう!

それではまた!