マーケティングに使える心理学テクニック アンカリング効果とは?

アンカリング効果を活用する事で、どういった効果が得られるのか?

顧客に対して、サービスや商品に割安感を与え、購買行動を起こす効果が得られます。

アンカリング効果とは?

具体的に解説していきます。

アンカリング効果とは、基準となる数字を初めに顧客に与える事で、

その数字を基準として捉えるようになるという、マーケティングテクニックです。

これは船のアンカー(錨)から生まれた言葉です。

船はアンカーを降ろすと、鎖でつながれた限定された範囲しか動けなくなるので、

初めに基準となる数字に捉えられてしまい、顧客の行動が限定される事から、

こう呼ばれています。

アンカリング効果の実例

上記の説明でピンと来た人もいると思います。

一般的な例で言えば「定価」と「割引価格」です。

あなたはテレビを購入しようと電気屋さんに向かいます。

欲しいと思ったテレビの価格は70000円です。

買う場合何が基準になるでしょう?

やはり、性能やデザインなど判断基準が複数存在すると思います。

これらの判断を総合して、買うか決めますよね。

でも、ここに「定価」が加わるとどうでしょうか?

定価130000円のテレビが割引価格70000円で売っていたら?

その差は60000円です。

同じ価格でも、後者の定価を提示された時の方が、

定価の数字が基準となり、購買意欲は高まります。

人が購買意欲をかき立てられるとき、

一番の判断基準はそのほとんどが「価格」に集中します。

高くてもどうしても買いたいという、余程の事情が無い限りは、

割安感のある方を選択します。

価格の判断基準がクリアできた時、

その他の性能や品質は2番目以降になるので、

余計に購買行動を起こしやすくなります。

ここで、アンカリング効果に当てはめてみましょう。

「定価」というのは船で言う「錨」のことで、

まさに顧客が捉われる数字の典型です。

これは、ネットビジネスでも広く活用されていますね。

インフォプレナー(情報起業)の常套手段といえます。

通常よりも高めの価格設定を初めに見せる。

元の価格を2重線で消して、本来の値段を出す。

購買率がアップする。

こうして、マーケティングの知識を知った上で、

改めてそういったページを見ると、

新たな発見があるかもしれませんね。

ネットビジネスのみならず、

リアルのお店などでも幅広く使われているので、

「これ、アンカリング効果なんだぜ!」って、

友達に引かれない程度に、見せつけて(アウトプット)やりましょう(笑)

それではまた!