【アフィリエイト】白色確定申告解説!初心者でもこれで税金の心配なし!

どうも、アマさんです!

今回は、アフィリエイトの収入にフォーカスを当てて、

アフィリエイターの確定申告をまとめてみました。

初めに・・・

確定申告ってなんだか難しそう・・・

初めて行う人にとっては、まさに未知の世界で不安ばかりですよね。

「こんなことも知らねえのか!」といきなり殴られたり、

「その程度でよく申告しに来たな・・・このど素人め!」と、

罵倒されることもありませんので、どうか安心してください。

個人で確定申告するのは、とても簡単です。

正確には、簡単な方法で大丈夫なのです。

ですから、変な固定概念は捨てて読んでみてください!

レッツ!確定申告!

知っておきたい基本

始めに、確定申告って何のためにするのでしょう?

簡単に言えば「納税の義務」があるからです。

僕たちは日本という国で、仕事させてもらってます。

ですから、その環境を用意させてもらっているので、

その国が決めた税金くらいは、払わないといけませんよね。

それと、健全な経営のためです。

確定申告をすることは、しっかり税金を納めているという、

公的な証拠になります。

確定申告しないと、しばらくは何もなくても、

儲かっていると、いずれは税務署になんらかの形で知られて、

調査されることになります。

実例として、確定申告していなかったとある自営業者に、

税務署の調査が入り、過去5年間分の税金を請求された事例があります。

しかも、追徴課税(延滞金のようなもの)というおまけ付きで。

あとは、払いすぎた税金が返ってくる可能性があるので、

還付金を理由に確定申告する人も多いですね。

それでは、確定申告の概要を見てみましょう。

1年間(1月1日~12月31日)に発生した所得を計算して、

所得税額を申告する「申告納税制度」があります。

この所得税額を申告して、確定させるのが「確定申告」です。

期間は毎年2月16日~3月15日まで。

所得の種類は10種類あります。

利子所得・配当所得・給与所得・一時所得・事業所得

退職所得・譲渡所得・山林所得・不動産所得・雑所得

上記の所得が発生していたら、所得によって条件は異なりますが、

確定申告の必要があります。

このうちアフィリエイトの所得が当てはまるのは「雑所得」です。

では、いくら以上稼いだら確定申告をしなければいけないのでしょうか?

サラリーマンで副業スタイルの場合・・・年間20万円以上

学生や主婦・専業アフィリエイターの場合・・・年間38万円以上

となっています。

月に換算すると、

サラリーマンで副業スタイルの場合・・・約16666円以上

学生や主婦・専業アフィリエイターの場合・・・約31666円以上

月平均で稼ぐと納税義務が発生します。

ですから確定申告をしたくない人は、

この金額を参考に、アフィリエイトの所得を抑える必要があります。

そして、よく言われる申告書の色は「青色」か「白色」かという疑問ですが、

これは、個人レベルなら白色で十分です。

それぞれの特徴を見てみましょう。

青色

控除額は最大65万円。

開業届けを提出している人が、「青色で申告する」選択をした場合のみ。

確定申告の際に正規の複式簿記で作成した、

「損益計算書」や「貸借対照表」などの書類を添付しなければならない。

白色

控除額は最大38万円。

青色申告以外はすべて、例外なく白色申告。

小難しい手続きは必要なく、簡単に完了できる。

税金の面では、青色申告の方が有利になるのは確かですが、

手続きが面倒で細かいので、税理士さんを雇った方が確実です。

ですから、雇ってまで申告した方が、自分にとって得なのかは、

人によって異なるので、青色申告する際はよく考えましょう。

次のページでは、所得の計算方法を見てみましょう。