マーケティングに使える心理学テクニック ザイオンス効果とは?

ザイオンス効果を活用することで、どんな効果が得られるのか?

顧客に対して親近感を沸かせ、信用をアップさせることができます。

ザイオンス効果とは?

人は特定の対象に対して、

短期間で何度も接触することで、

その商品や人物に好感を持つようになる効果です。

好感もそうですが、記憶に残る強い印象付けもできます。

ザイオンス効果の実例

あなたは特に自分から望んでいないんだけど、

特定の商品や人物に対して、好感を持ったことはありませんか?

例えば銀行の窓口で、特に意識してないけど、

同じ担当者になることが多く、いつのまにかその人を信用してしまったり。

毎日のようにとある商品をCMや、街中の広告で見て、

必要な時はこの商品を買おうと決めたりとか。

ネットビジネスにおいては、

やはり一番重要なのは「信用」です。

「信用残高」なんて言葉もありますが、

対面じゃない分、いかにこの信用を積み重ねていくかで、

リピーターやファンがつくかどうか決まります。

僕で言えば、情報発信をしているので、

重要なコミュニケーションツールとして「メルマガ」があります。

メルマガで頻繁に良質な情報を与えて、接触させる機会を設けることで、

その人に対する信頼も増えていきます。

ただし、ここで気をつけなければいけないのは、

メルマガ内容の質と頻度です。

例えば、メルマガ登録したはいいけど、

毎日山のように、商品を勧めるようなメルマガだったら、

相手は絶対嫌になり、解除します。

そして、なにより大事な自分の信用を失います。

信用は失うのは簡単ですが、

取り戻すのは何十倍も大変です。

お腹についた脂肪を取る以上に大変です。

ですから売り込むのではなくて、

相手にいかに価値を与えられる情報を発信するかで、

その後の売り込みに大きな差がでます。

ザイオンス効果によって、

適度な配信頻度で、良質な内容を送ることで、

接触頻度と質を維持して、ファンを作っていく。

ファンが付いてきたら、

自分のおすすめの商品等を紹介していく。

こうすることで、購入率はアップします。

僕の場合メルマガは、、本当にオススメできる情報が入ってきた場合か、

自分がどうしても伝えたいことがない限りは、配信していません。

自分のブランディングが完成しているなら、

あえて頻度を落として、プレミアム感を出すのもテクニックです。

ここまでの位置に登るには、相応の努力が必要なので、

まずは、ファン作りの為にザイオンス効果を意識してみましょう。

それではまた!