マズローの欲求5段階説を解説!生理・安全・社会的・尊厳・自己実現・自己超越

シェアする

どうも、アマさんです。

今回は有名な「マズロー」の5段階の欲求について、

解説していきたいと思います。

5段階の欲求とは?

この欲求説を唱えたのは、

アメリカの心理学者「アブラハム・マズロー」です。

イチローみたいな響きです。

人はある欲求が満たされることで、次の段階の欲求を求めます。

それを説いたのが、マズローさんです。

マーケティングの勉強したことある人なら、

下のピラミッドは、一度は見たことあるではないでしょうか?

maslows-hierarchy-of-needs

その5段階の欲求は、ピラミッドのように、

下から上に満たされていくことを表しています。

では、具体的にそれぞれの欲求を見てみましょう!

第一段階 生理的欲求

これは、人が生きていく上で最低限必要な欲求です。

睡眠欲であったり食欲であったり、本能的なものです。

これがなければ、人は生存危機にさらされます。

まあ日本に住んでいる以上は、余程のことがない限り、

この欲求が満たされないことはないでしょう。

日本は世界でも恵まれている国なので、

日本に生まれた時点ですでに、満たされています。

第二段階 安全欲求

さて、必要最低限生きていくための欲求が満たされると、

今度は「安全に暮らしたい」という欲求が出てきます。

家であったり、治安の良さだったり。

生理的欲求と同じで、これも日本ではある程度満たされます。

現実問題として、ホームレスの人々や危険に晒されて、

生活を送っている人もいますが、全体からすれば一部です。

こういった人達は、まずは第二段階を満たしたいので、

中々次の欲求へ進むことができません。

第三段階 社会的欲求

安全が満たされると次は、集団での生活に対する欲求が出ます。

友達が欲しいとか、組織を作りたいとか。

人は誰とも関わらずに、生きていくことなんて不可能です。

いろいろな人との関わり合いで、人は刺激を受けて成長します。

それに、これは安全面での話でもありますが、

集団の中で、他社に自分の存在を認識してもらえれば、

自分に何かあったときに、助けてくれるというメリットがあります。

日本は高齢化社会で、お年寄りの孤独死が増えています。

こうした意識は今後の為にも、満たすべき欲求です。

第四段階 尊厳欲求

ここまで来ると、自分の存在を他者から認めてもらいたいという、

欲求が生まれてきます。

社会的欲求が満たされることで、尊厳欲求が生まれます。

集団の中にいることで、他者の評価というのは常につきまといます。

家族の中でも、会社組織の中でも、学校の中でも。

ですから、集団で生活している以上は、

やはり自分を認めてもらいたい、という欲求が生まれてきます。

第五段階 自己実現欲求

ここまで満たされると、あとは自分の夢を叶えたいとか、

身近な目標を達成したいという欲求が出てきます。

自分の力を試して、それをクリアすることで喜びを感じます。

あくまで「自分の目標の為に頑張りたい」という欲求なので、

なにか他者からの見返りを求めているわけではありません。

最終段階 自己超越

これは、マズローが晩年に発表した段階です。

この領域はまさに「悟りを開く」ということでしょうか。

ただひたすら、純粋に目的遂行のために邁進する。

この欲求に達している人は、ごく僅かだと言われています。

正直この最終段階までは知りませんでしたが、

このレベルに達している人は、いわゆる「偉人」と呼ばれる人達なのでしょう。

僕の場合は現在、自己実現のために頑張っている途中です。

「常に慢心しない」という精神を常に意識して、

さらに次のステージへ上がっていけるように、頑張ります。

それではまた!