マーケティングにも使える心理学テクニック 大台割れの原理(98効果)とは?

大台割れの原理(98効果)を活用する事で、どんな効果が得られるのか?

商品やサービスの購買率が高まります。

大台割れの原理(98効果)とは?

価格に対して、大台となる数字を下げる事によって、

割安感が出る心理のことです。

98効果とも言い、例として100円を98円にする事で、

実際よりもお得感を演出します。

大台割れの原理の実例

これはすでにどこのお店でも行っていますよね。

「98効果」はどの商品やサービスによっても、

活用できます。

スーパーに行くとよく分かりますが、

様々なものの値段は「100円ポッキリ」という、

キリの言い数字はまずありません。

それに、スーパーなんかは特に1円単位の値段の差が、

リピーターにつながるかどうかの、シビアな部分がありますから、

より顧客の心理を捉える必要があります。

普段意識していないだけで、

改めて確認すると、回りに溢れていますね。

普段の買い物程度なら、まだそんなに値段の差が気になりませんが、

これが車や家を購入する時はどうでしょうか?

何百万~何千万の買い物をするわけですから、

一般家庭では、この98効果による差額は大きいですよね。

3000万円の物件が、2980万円という表記なら、

20万円ものお金が目に付きます。

金額が大きいだけに、この辺の感覚は麻痺するかもしれませんが、

普通のサラリーマンの1か月分の給料と考えれば、大きいですよね。

僕は過去に情報商材を作成し、

売った経験がありますが、その時はこうした心理を知らずに、

キリの言い数字で販売していました。

値段は3000円でしたが、これが2980円だったら、

売り上げももう少し伸びていたかもしれません。

価格設定をする際は、意識して設定してみてください。

それではまた!