トレンドアフィリエイトにおける手動ペナルティー対策について

ども、アマさんです。

今回は、昨年から頻繁にトレンドアフィリエイターが受けている、

手動ペナルティーに対しての、Googleの公式な見解が出たので、

情報をシェアしたいと思います。

なぜペナルティーを受けるのか

まずは公式の見解を見てもらいましょう。

ペナ

トレンドアフィリエイターにとっては、

これまでの「努力が水の泡じゃないか!(#゚Д゚) プンスコ!」と、

怒りを覚えた人もたくさんいると思います。

この辺りの経験は僕もしているので、

気持ちは分かります。

ですが、一般的に見て間違っているのは僕たちの方です。

所詮トレンドは、2次的情報の塊であり、

1次情報を活用して、記事を作成しているに過ぎません。

ですから、ほとんど情報をコピーしただけのブログや、

リピーターがつかないようなブログは、「価値がない」と思われても、

それはしょうがないことなのです。

トレンドは圧倒的に新規ユーザーの数が多く、

リピーターなんてのはほぼ付きません。

特化型やトレンドでも中にはリピーターでアクセスを、

稼いでいるブログもありますが、余程質のいいブログのみです。

では、今後のトレンドアフィリエイトは稼げないのか?

と疑問を投げかけられると、答えはNOです。

まだまだ、稼げる手法には変わりありません。

今後の対策

今回の公式の見解で明らかになったのは、

やはりコンテンツ(記事内容の質の低さ)が、

ペナルティーの対象となっていること。

ですから、より質のいい記事を書いて、

リピーターをつける必要があります。

リピーターをつけるメリットとしては、

安定したアクセスの確保が挙げられます。

たとえ検索エンジンから、嫌われようとも、

ファンがいればブログには訪問してくれますからね。

では、質のいい記事とはどんな記事なのか?

まずは、ユーザーに対してしっかりと情報を提供すること。

情報元も信用できるところを参考にする。

検索してきたユーザーは、その検索してきた疑問に対しての、

答えを求めて訪問しますので、その答えが確実に記載されていないと、

Googleの嫌う、ユーザーにとって不利益な記事と価値のないコンテンツ扱いの、対象となります。

次に、1次情報にばかり頼らない。

あくまで参考にする情報は、2割程度に抑えて、

あとは独自の経験則や感想などで埋める。

極端なことを言えば、「日記」のような感覚です。

当然記事内には、ユーザーへの答えを記載するとともに、

自分の見解もしっかり書いておきます。

今後さらに規制が厳しくなるかもしれません。

その時は、またわかり次第情報をシェアしたいと思います。

それではまた!