ランサーズで外注を雇うポイント

トレンドサイトの報酬が5万円超えたくらいから、記事作成などを外注化する事も検討しましょう。

これまで、基本的に自分ひとりで全ての作業を行ってきましたが、やはり今後さらに報酬を伸ばす・安定化するには人を雇ったほうが効率よく稼げます。

最終的には、自分が手を加えなくても報酬が入ってくるようにすれば、まさに不労所得ですね!

外注を雇う方法としては、「ランサーズ」というクラウドソーシングサービスを活用します。

分かりやすく言えば、ネット上で自分の行って欲しい作業を依頼出来るサービスです。

中には、プロや結構実績のある人もいるのでうまく活用しましょう。

登録して、普通に仕事を依頼するだけなら無料です!

 

ランサーズで依頼のポイント

 

まず、タイトルは分かりやすい方がいいですね。

例・・・「テレビ関連記事 1日1記事でOK! 1記事200円!」など。

 

 

依頼内容に関してなんですが、あまり細かく書きすぎると、「難しいかも」というイメージを与えてしまいますので、

大雑把にとまでは言いませんが、「記事を書く~更新」という感じでいいでしょう。

ハードルを低く見せて書く事で、提案を受けやすくなります。

まずは、みんなに注目してもらって、提案を受けることを優先で考えます。

 

 

依頼を見て興味を持った人は、質問や提案という形で接触してきます。

質問には快く答えて、提案があれば条件を確認した上で、採用するか決めましょう。

作業をどこまで任せるかについては、初めは記事のみ書いてもらって、ゆくゆくは報酬アップと共に1ずついろいろ任せていってもいいですね。

 

 

報酬は、1記事200円~300円程が平均です。

500円も出せば、いい外注さんが見つかる可能性も出てきますが、報酬が少ないうちはきついと思うので、初めは200円スタートから徐々に上げていくということを明記すると興味を持ってもらいやすいです。

それと、男性よりも女性の方が結構こういった作業は経験上、向いている感じがします。

時間の取れる主婦の方とか、女性の方に呼びかけてもいいですね!

 

 

後は、いろいろ思いついたことを試してみましょう!

依頼するのは無料なので、どんなタイトルや依頼内容が反応が取れるかいくらでも試せますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収60万円超、日給8万円超達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら