マーケティングに使える心理学テクニック ハロー効果とは?

ハロー効果を活用することで、どんな効果が得られるのか?

自分の評価を良くも悪くも、相手に思い込ませることができます。

ハロー効果とは?

 

人や物に対して、干渉したこともないのに、

間接的な特徴だけで評価をしてしまうことです。

簡単に言えば、勝手な思い込み状態に陥るってことですね。

 

ハロー効果の実例

 

これは分かりやすく説明するための例ですが、

クラスに転校生がやってきました。

その転校生は、あまり他の人とは話そうとしないし、

いつも一人で行動しています。

 

これだけの情報だと、その転校生のイメージは、

「無口」「暗い」「友達がいない」などと、悪いイメージを持ってしまいます。

当然転校生なので、誰も干渉したことのない人物です。

 

ですが、この転校生は実はとってもみんなと仲良くなりたいのです。

人一倍優しくて、人付き合いが苦手なだけで、

仕方なく1人で行動をしているに過ぎません。

 

ですから、視覚的なイメージだけで人は簡単に思い込んでしまうのです。

 

あとは、服装も分かりやすいですよね。

例えば、ビシッと決めているスーツの人と、

よれたTシャツとハーフパンツの人では、

社会的地位はどちらが上でしょうか?

 

スーツの人は、単なる就活している学生かもしれません。

Tシャツの人は、実はとてつもない資産家かもしれません。

でも、視覚的な判断からするとやはりスーツの人だという、

意見が多いのではないでしょうか。

 

CMなんかでも、それまで起用していた芸能人がなにか、

不祥事を起こすと、そのCMで宣伝されていた商品まで、

悪いイメージになってしまうケースもあります。

 

ネットビジネスにおいても、自分を実力以上のイメージを、

顧客に思い込ませることもできますよね。

特に詳しくないのにマーケティングの記事を書きまくったり(笑)

 

それ僕のことじゃないか!

まあ、否定はしません。

僕も勉強のためにアウトプッとしてますから!

 

この記事を読んでいない人は、

「なんだか出来る人なのかも」って勝手にハロー効果で、

僕に対する評価を上げてくれる人もいます。

 

逆に、変なことをしていれば、

ハロー効果でイメージダウンします。

 

良いイメージを与えること自体は、

悪いことではないので実践してみましょう!

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収60万円超、日給8万円超達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら