日常や仕事で使える心理学テクニック ピグマリオン効果とは?

ピグマリオン効果を活用する事で、どんな効果が得られるのか?

相手のやる気を向上させ、より良い結果を出させる事ができます。

ピグマリオン効果とは?

 

アメリカの心理学者ローゼンタールが提唱した説です。

人は期待されるほど、期待通りの結果を出すという効果です。

「褒められて伸びるタイプ」の人も、そうでない人にも有効です。

 

ピグマリオン効果の実例

 

学校なり仕事場なりで、上司や先生などに、

褒めるのがうまい人はいませんか?

そういった人は、このピグマリオン効果を活用しているのかも。

 

実際に実験でこの効果は証明されています。

ローゼンタールが小学校でテストを行い、

その中から無造作に生徒を選びます。

 

この生徒は特別どうこうというわけではありません。

あくまで無差別に選びます。

そして、選んだ子供を教師に「この子達は伸びる」と、

嘘の情報を流して、教師に期待を持たせて指導させました。

 

すると、その期待を込めて褒められた生徒達は、

本当に成績が伸びていきました。

「褒められて伸びるタイプ」という人がいますが、

ピグマリオン効果によって、大体の人が伸びるようです。

 

褒められるという事は「自分の成果を他人に認めてもらえた」、

という一種の成功体験になりますので、

「次もまた褒めてもらいたい」という欲求が強くなります。

 

ですから、指導者の立場にいる人は、

ピグマリオン効果を活用しましょう。

 

ただし、ただ単に褒めているだけでは、

メリハリが付かないので、その辺りは意識してください。

 

実際に僕は現在、トレンドの記事を外注さんに書いてもらっていますが、

たまに、いい記事を書いてもらった時は「今日の記事は最高!」という感じで、

しっかりと評価をします。

 

お世辞ではなく、確かにいい記事を書いてくれているので、

そうやって声かけすると、その記事以下の質に落ちにくい傾向にあります。

褒められた体験が嬉しくて、その記事以上のものを実際に書いてくれています。

 

ですから、褒めるべき時はしっかりと褒めてあげる事で、

より相手の能力を向上させる事ができます。

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収60万円超、日給8万円超達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら