時間って大切!病気になってから気づくこと

 

ども、アマさんです。

今日は、時間の大切さについて書きます。

当たり前すぎて意識できていない人もいるかも。

 

健康第一!

 

昨日の夜から、ひどい頭痛と寒気、そして吐き気で一晩中眠れませんでした。

それで今日病院へ行って、薬をもらってきて1日中寝てました。

やることはたくさんあるのに、何もできなかったのです。

 

現在は、ようやく頭痛も吐き気や胃のムカムカも収まってきて、

こうして記事を書いているわけです。

数年ぶりに風邪をひいて、病院へ行きましたが、

考えることすら出来なくなります。

 

あれも、これもしなきゃいけないんだけど、

それ以上に症状がひどく考えられない。

結果、痛みから逃れようとして寝るしかないわけです。

 

これは幸か不幸か、

病気になってみて、時間って大切だなーと思いました。

苦しいはずなのに、寝るまでの時間でなにか出来ることはないかと、

ノートとペンをベッドに持って行って、横になりながらアイディアを考えようとします。

 

でもやっぱり何もできない。

普段はこんなことしません。

それに、マイペースで作業しているので、

こんなに時間について考えることもありません。

 

「無くしてから初めて気づく」という、よくあるパターンですよね。

まさに僕は病気になったことで、出来るはずの作業時間が奪われ、

普段考えもしない時間について、考えるようになりました。

 

犠牲を払って意識するしかない

 

今回の例がまさにそうです。

「時間は大切」だなんて、ごくごく当たり前のことなのに、

普段からどれだけの人が、1分1秒まで大切に意識できているでしょうか。

 

成功している人が成功できた要因として、

こうした時間の大切さを常に意識できていたからだと思います。

同じ作業するにしても、効率だったりクオリティーだったり違うわけです。

 

これはつまり「時間」を大切にしているからですよね。

みんながみんな初めから、上手く出来たわけではないと思いますが。

 

普通の人は、僕のように何かを無くして初めてその価値に気づきます。

その犠牲が大きければ大きいほど、自分の意識に深く入ってくるので、

時には荒療治も必要かななんて思います。

 

僕も今後、限りある時間をさらに有効活用できるように、

この経験を活かしていきたいと思います。

病気になったから「くそー!」と思うのではなく、

「これは自分が成長する為に、必要なプロセスだ!」と捉えられれば最高ですね。

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収64万、日給8万4千達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら