【アフィリエイト】白色確定申告解説!初心者でもこれで税金の心配なし!

所得の計算方法

 

計算に入る前に、アフィリエイトは報酬が翌月、

もしくは翌々月に振込まれるケースが多いですね。

ですから所得は、報酬が確定した月で計算するのか、

振込まれる月で計算するのか、迷う人がいると思います。

 

アフィリエイトの場合は、振り込まれた月が基準になりますので、

覚えておいてください。

 

次に所得の計算方法についてです。

所得税というのは、実際に稼いだ収入から、

必要経費を差し引いた金額に対して、税金がかかってきます。

 

計算式にすれば単純で分かりやすいですね。

収入-必要経費=所得

 

ですから、言ってしまえば必要経費が多いほど、

所得が数字上は少なくなるので、払う税金も少なくなります。

 

ちなみに・・・

会社の社長が高級車を乗り回していたり、

高価な美術品などを持っているのは、

単純に威厳を見せるためだけではありません。

 

節税対策にもなるからです。

 

法人としての利益は何千万、何億もの金額になります。

ですから、あくまで会社のものとして購入します。

ということは会社の経費として計上されますので、

節税対策になるということですね。

 

ただ、なんでもかんでも必要経費になるわけではありません。

税理士によっても、経費として認められるかどうか違ってくるからです。

そりゃ、あれもこれも経費では国が黙ってませんからね。

 

アフィリエイターの必要経費

 

では、アフィリエイターの必要経費ってなにがあるでしょうか?

僕が思いついたものだと・・・

・通信費(インターネット代)

・パソコンやマウスなどの備品代

・携帯代(頻繁に仕事で使うなら)

・交際費(打ち合わせ時の食事代やガソリン代)

・サーバー・ドメイン・テンプレート代

 

基本的には、アフィリエイトに関係のある経費しか認められないので、

この辺はしっかり区別してくださいね。

1人でご飯食べたレシートとか、自宅兼事務所として部屋を借りている場合などは、

当然のごとくNOです。

 

いざ確定申告!

 

さて、現在はネットでも郵送でも確定申告できますが、

慣れている人のみですね。

 

今回は初心者用の記事なので、実際に税務署へ行き、

確実な確定申告をしてもうらうことを想定しています。

これも経験だと思って、どうしても時間が取れない人以外は、

一度、税務署へ行って経験してみましょう!

 

それでは、確定申告の会場へ行った場合の流れを、

説明していきます。

 

確定申告の会場は、その地域によってバラバラです。

税務署で行っているのはもちろん、

市民会館や役場など公共の場で行っている地域もあります。

ですから、事前に自分の地域の場所を調べておきましょう。

 

さて、会場を決めたら「いざ、確定申告!」

会場での簡単な流れ

会場に入ったら、専門のスタッフの案内に従う(ビビることはない)

専用の端末で必要事項や所得を入力して、印刷してもらう。

あとは提出用の書類数枚を、案内の人に渡して、控えをもらって終了。

 

はい、以上です!

基本的に、案内係のスタッフが近寄ってきて、

案内してくれるのでそれに従うだけなんですね。

ですから、なにも難しいことはありません。

 

次のページで最後です!

次は、確定申告に必要な持ち物をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収64万、日給8万4千達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら