実は仕事してない?カフェで仕事して効率アップ!ノマドワーカーのススメ

どうも、高木です。
今日はカフェで仕事をしているノマドライフについて、僕の見解を書いていきます!
このノマド(遊牧民の意)は、時間や場所に捕らわれない生き方を提唱しているもの。
このノマドライフを行っている人をノマドワーカーと言いますが、賛否両論のようですね。

実は仕事してない!?

確実にいます(笑)
本来の目的を忘れて仕事せずに、ネットばかり見てる人とか。
これなんでこんなことになるのかというと、やっぱりノマドって響きがカッコイイとか、カフェで仕事ってのが、なんだかステータスみたいになっているせいだと思うんです。
そこには、仕事の効率化なんてこれっぽっちもない!

 

言っておきますが、僕はノマド賛成派です。
理由は後ほど説明しますが、まずは下の話題をいじっていきます。
ガウマガジンさんに、こんなダメなノマドワーカー(男子)の特徴が載っていました。

その1:キーボードを叩く音がうるさい
その2:電源確保に必死すぎる
その3:カフェ代がかさみすぎてマイナス収支に
その4:お気に入り女子店員に猛アピール
その5:ファミレス、ファーストフード店を格下に見ている
その6:お決まりのツイートは「今日も××カフェで作業」
その7:Twitter経由で仕事の声がかかると信じている
その8:実は仕事をしていない

上記の8つの特徴を、自分なりの見解で解説していきます。

 

その1:キーボードを叩く音がうるさい

これは、確かにやってしまうこともありました(笑)
なんだか、キーボードの音って「仕事してる感がハンパない」のです。
完全に勘違いなんですが、わざとエンターキーを強めに「パチッ」って押したりとか。

 

しかし、パソコンのキーボードなんてのは完全に無音で叩くなんて無理な話。
そして、気を使って静かにやさしく叩こうとしても、しっかり入力できない時もあります。
なので、必然的に初めから強く叩いたほうが、確実なんですよ。

 

それが周りからしてみれば「ひゃっはー、俺は天才だあああ!」的な風に勘違いされるのです。
中にはそれ目当てで、わざとやっている野郎もいるでしょう。
僕ははっきり言っておきますが、そんなつもりはありません!

 

その2:電源確保に必死すぎる

これは、ノマドワーカーにとって最大のリスクですね(笑)
だって、電源切れたらなにも出来ないですもんね。
パソコンで仕事しに来ているのに、電源無いと仕事になりません。

 

電源確保できるお店に越したことはないんですが、無いお店でも構わないんですよ。
僕は予備のバッテリーを購入して常に切れてもいいように、準備しているからです。
愛用のレノボは約3時間ほどでバッテリー切れるので、もう1つあれば6時間分の仕事ができるので十分なんです。
人間の集中できる時間には限界があるので、それで十分です。

 

で、僕と勘違い野郎の違いは、バッテリーを購入してまでも、仕事をする気があるのかどうか。
バッテリーって意外に高くて、僕のやつは8000円くらいしました。
最悪電源確保できなくても、仕事できるようにリスク管理しているわけです。

 

ここまでの意識を持って、先行投資できるかどうかが違いだと思います。
電源確保に必死になるくらいなら、バッテリー買えば済む話です。

 

その3:カフェ代がかさみすぎてマイナス収支に

これは、何のためにカフェに仕事しに来ているのか・・・
本末転倒もいいところですね(笑)

 

僕なんかは、お気に入りのカフェに行く場合「ロイヤルミルクティ」を1杯頼んで、それでそのまま3時間ないし、それ以上の時間仕事してます。
まあ、お店側にとっては嫌な客ですよね。

でも、カフェなんてそういうところなんだし、お金払って来てるわけだから、文句は言わせねえってことです。
で、交通費とか飲み物代を差し引いたとしても、そこで行った仕事がそれ以上の収益を生み出してくれているから、僕は気にせずにカフェに行けるわけです。

 

かさみ過ぎて、お金がマイナスになる人はカフェで仕事する意味ありません。
それはもはやただの「サボり」ですよ。
それくらいの、意識もできずに外に出て仕事したところで、そのレベルの仕事しか出来ないってことですね。

 

その4:お気に入り女子店員に猛アピール

これは、僕から見てもかなりウザイですね(笑)
目的意識が低すぎて、話になりません。
確かに可愛い子いますけど・・・

 

この辺りも、目的意識の差が出ますよね。
「出来る時に、出来ることを、出来るだけやる」
じゃないと時間がもったいない!

 

その5:ファミレス、ファーストフード店を格下に見ている

まあ、いるでしょうねこういう人。
僕は好きですけどね!
だってドリンクバーだけで3時間くらい仕事できるんですよ?

 

つまりは、事務所を飲み物付きで3時間300円で借りれるって思ったら・・・
どれだけ安いことか。
まあ、人それぞれ心地のいい場所はあると思いますから、あまり強く言いません。

 

ただし、一度マックで作業したことありますが、僕はあまり集中できませんでした(笑)

 

その6:お決まりのツイートは「今日も××カフェで作業」

これは僕も何回かアピールしたことあります(笑)
でも、結局カフェで仕事なんてやろうと思えば誰でも出来るし、そんなこと言っても特に価値なんて無いのです。
人によってはブランディングのために、やっている人はいるでしょうけど、正直僕はやってみて意味ないかなって思いましたね。

 

それに、自分もそういうツイートなりフェイスブックの記事なり、毎度のように見たらなんかウザい気持ちになります(笑)
こんなアピールは必要ない!

 

その7:Twitter経由で仕事の声がかかると信じている

こんなおめでたい人いるんですか?って思いました。
それなりに、声がかかるために仕組みづくりをしている人ならまだ分かりますが。
これはさすがに、能天気すぎるでしょう(笑)

 

目指すところは、目標として意識してもいいですが、その前にやることやらずに声なんてかかるわけないですよ。
世の中そんなに甘くないです。
僕自身Twitterを上手く活用しきれていないのもありますが、さすがにこれはアカンやつや!

 

その8:実は仕事をしていない

僕はしてますよ!(笑)
いや、そもそもカフェでノート広げていたら仕事してるって、世間の認識が定着しちゃってますからね。
それに乗じて、かっこいい自分を演出したいんでしょう。

 

僕がカフェで仕事するのって、自宅ではなにかと自分のペースで仕事出来ないってのと、同じ環境の中でずっと仕事すると、気分が乗ってこなくなるから。
それで、試しに外で仕事したら驚くくらい集中できて、捗ったんです。

 

僕の場合ですが、ノートパソコンには余計なものを一切入れておらず、仕事用って感じなので外に出ると嫌でも仕事モードになります。
余計な誘惑がないから、逆に集中できるんです。
それに、そこまでの交通費なり飲み物代なり払ってるって意識が「無駄にできない」って思いを生んでくれて、より効率よく作業しようとします。

 

それと、目的意識と何度も言ってますが、すべての仕事を外でやるわけではないのです。
ノートの性能からして限界な作業もあるし、ノートでできる最大限の仕事をやっているって感じです。
なので、動画編集とかに関してはデスクトップでやったほうが、エンコードも早いですし、動画編集ソフトもサクサクなので。

 

デスクトップでしか出来ないこと、ノートでも出来ることを、明確に仕分けておけばいいと思います。
その上で、デスクトップでしか出来ないことを終えたあとに、気晴らしで外でノートでも出来ることをカフェでやればいいんじゃないの?って思います。
時と場合によって使い分けることが大事!

 

結局・・・

僕の見解を書いてきましたが、個人個人やりやすい環境で仕事すればいいじゃない(笑)
僕はどちらかと言えばノマドワーカーですけど、別にこれを押し付けようなんて思いません。
ただ、状況によって環境を変化させてみるのも、新たな発見があったりするかもしれません。

 

ビジネスにとって、視野が狭いことは致命的。
家で篭ってばかりでは、得られない情報が外で作業するだけで得られるかもしれない。
好き嫌いせずに、人生一度きりなんだからやれる時にやってみたほうがいいです。
ただし、目的意識を持ってカフェにGOGO!

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収60万円超、日給8万円超達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら