日本人が見栄を張りたがる理由とは?集団意識がそうさせる

どうも、高木です。
今回は「見栄っ張り」について書いていこうと思います。
さて、あなたは見栄っ張りでしょうか??

日本人が見栄を張りたがる理由

これは賛否両論です。
「見栄っ張りだ!」って言う人もいれば、「見栄張ってない方」だと言う人もいます。
まあ正直見栄っ張りは日本人だけにとどまらないですからね。

 

世界を見ると、やはり日本人よりも見栄っ張りな人が当然います。
これはもはや、人種ではなくその人の問題でもあると思います。
ただし、やはり「日本人って見栄っ張り」だと思っている人が居るってことは
それなりの理由もありますよね。

 

それは「集団意識」です。
特に日本人ってこの意識が強いです。
というか、小さい頃から集団を意識した生活に慣れているからですね。

 

みんなと同じように生活し、波風立てないようにすることが美徳であり
それができなければ、協調性がない自己中なやつだとして弾かれる。
「出る杭は打たれる」とはまさにこのことですね。

 

そしてその集団を意識しすぎるあまり
その反動とでも言いましょうか。
他人からより自分を良く見せたい願望が出てきて
武装していくのが「見栄っ張り」なんです。

 

典型的なのが、収入に見合っていない高級車を乗り回す人。
これって、まさに見栄っ張りです。
だって、車なんて本来の目的「移動手段」としての役割を
果たしてくれればそれでいいんですよ。

 

家族構成とか環境によっては仕方ないかもしれませんが
まず今の自分の収入に見合った車に乗ってない人は
見栄っ張りですよ。

 

車なんて買ったらあとはお金が出ていくだけのモノ。
つまりはこれは負債なんです。
だからこそ、自分の収入に見合った車で十分なはずです。

 

自分の好みならまだしも周りを気にして
いい車を買おうとするのは、やはり見栄だと思います。
あとはブランド武装する人。
これって、自分に自信がないからブランドの力を借りているんです。

 

いわゆる、見栄っ張りな人って自分にどこか自信がない
ということを自覚しているからこそ、見栄を張ってアピールするんですね。

 

見栄を張らなくてもいい生活は楽

これは、以前あのビートたけしが言ってたことです。
たけしは、バブル時代にとんでもなくお金を使ったそうです。
それはなんでかといえば、別の人が自分よりもいいモノを買うから
自分も対抗して買わなきゃいけないという、変な意識があったからです。

 

特にバブル時代なんてのは、僕は経験してないですが
派手にお金を使う時代だったので、尚更他人が気になったんでしょう。
そんな時代を過ごしてきたたけしは、気づいたそうです。
「見栄を張らなくても良くなったら楽になった」と。

 

これはつまり、他人を気にせずに生きれるようになったから。
それだけ自己を確立し、集団を客観的に見れるようになったからだと僕は思っています。
どれだけ無駄なことをしていたのか理解したと言ってもいいです。

 

厳しい芸能界をあそこまで上り詰めた人が
そんな事を言っていたので、これは悟りの境地なんだと
個人的に思いました。

 

だから見栄を張ったところで、「中身のないやつ」だと
分かる人には分かってしまうのと、見栄を張り続けていると
そのメッキはいずれ剥がれてきます。

 

なので、見栄を張ってしまう人で今の生活に満足出来ていない人は
一度自己を見つめ直して、本当に見栄を張る必要があるのかを
考えてみてください。

 

集団には集団のいいところがありますが、時には集団からはみ出て
出る杭側で物事を判断することも必要だと僕は思います。
人生一度きりなんですから、自分にとってより良い方向へ
進みたいものですね。

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収60万円超、日給8万円超達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら