モノが捨てられない人の特徴と断捨離のススメ!

どうも、高木です。
随分久しぶりのブログ更新です。
皆様、いかがお過ごしだったでしょうか。

断捨離の極意

さて、ここからが本題ですが、モノを捨てられない人ってかなり多いですよね。
そういった人の共通点として以下の点が挙げられます。

 

勿体ない精神が強い

特に日本人は昔から「モノを大切にしなさい」というもったいない精神が
植え付けられているので尚更かもしれませんね。

 

「いつか使うかも」という思いが強い

これ結構当てはまる人多いんじゃないでしょうか。
その時は分からないけど、いつか使うかもという思いから
どうしても捨てられないパターン。

 

人からよく物をもらう

「人からもらったもの=その人のもの」という意識が強いようです。
だから、相手に失礼にあたるといった感覚から捨てられないんですね。

 

収納スペースが多い

部屋に収納スペースが多いと、モノを増やしても増えた感覚に
なりにくく、奥へ奥へと詰め込んでいるうちに
いつの間にか溜まっていくパターン。

 

思い出を大切にしすぎる

思い出をとても大切にする人は、やはり自分の思い入れのあるモノを
なかなか自分の決断では捨てづらいパターンで溜まっていく。

 

たくさんのものに囲まれていると安心する

僕はこの感覚はありませんが、友人に聞いたところ確かにこの感覚は
存在するようです。
理由を聞いても「無いと不安になるから」という回答しか
できないとのこと。

 

買うこと自体が目的になっている

何かを買うときには「何かに使うもの」だから買うという目的がありますが
これが、使うことではなく「買うこと自体」が目的になっているパターン。

 

似たようなものをいくつも持っている

新品でいくつも購入するものの、それぞれを中途半端に開けてしまい
完全にそれぞれを使い切れないパターン。
なので、どんどん同じようなものが溜まっていく。
中には、新品で使わず終いの人も。

 

さて、これらの特徴から、断捨離を実行させるために一番手っ取り早い方法を
お教えしましょう。
それは・・・

 

自分以外の第三者に思い切って捨ててもらうこと

 

です。
これが一番手っ取り早いですね。
なぜかと言えば、今までの自分の癖や感覚をいきなり
変えることは難しいからです。

 

そのせいで結局はモノが溜まっていってしまったのです。
それなら、いっそのこと全く関係のない第三者に思い切って
捨ててもらったほうが、自分の感覚や癖の入る余地がないので
思いっきり捨てられるというものです。

 

僕はどちらかと言えば、断捨離出来る方なので
アドバイスをするなら、自分の感覚を基準にするのではなく
「今使うものか、使わないものか」という判断で捨てています。

 

先程の僕が捨てるものの中には、確かにまだ使えるものはあります。
特にボールペン等は、インクが出づらいけど無理やり使おうと思えば
使えるレベルです。
このレベルでは僕にとって「今使わないもの」という感覚です。

 

一気にやろうとしなくてもいいです。
身の回りの小さなところから慣れていってください。
ペンケースの中だったり、デスクの一番上の引き出しの中だったり
普段使っているバッグの中だったり、財布の中だったり。

 

少しづつでも意識を変更していけば
慣れてきて、より広範囲でも対応できるようになります。
思い出やモノを大切にする心は確かに大切です。
でも、モノだって使われてこそ、意識されてこそ存在価値が
出るというものです。

 

使わずにしまってあるものや、すでに意識すらしていないものは
逆にものに対して失礼だと思います。
あとは、スッキリすれば作業効率の面でもメリットがあるので
ちょうどいい年の節目、是非実行してみてください!

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収60万円超、日給8万円超達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら