ChatWork&Skypeダウンロード&設定&使い方解説!

どうも、高木です。

今回は、無料でチャットや通話が可能なSkype(スカイプ)&ChatWork(チャットワーク)のダウンロードから使い方まで解説します。

ChatWorkだけでもいいのですが、ChatWorkが何かしらの原因で使用できない場合に、スカイプもあった方がいいので、この機会にダウンロードしておきましょう!

ChatWorkについて

ChatWork(チャットワーク)とは、ビジネスチャットツールとしておすすめできるチャットツールです。

実際に僕も現在使っていますが、使い勝手は申し分ありません。

今まではSkype中心でしたが、ChatWorkはビジネスチャットとして、仕事用に特化したチャットです。

Skypeでは出来ない、タスク(やるべきこと)を作成して設定したり、管理したりすることが出来ます。

 

さらに、ファイル管理に関しても、無料で5GBのストレージが付いてくるので、そこに保管しておくことも可能。

検索機能で、メッセージやファイルを検索することも出来ます。

プランも個人で使用するだけであれば、フリープランで問題はありません。

 

ただし、通話に関してちょっととっつきにくい部分が、個人的にはあるなと思います。

以前、PCで1対1での通話をしようとした時に、なぜか通話できずにSkypeで通話したことがありました。

僕の使い方が悪かったのだと思いますが・・・

 

それと、ChatWorkはフリープランではスマホアプリでの通話が出来ないので、この辺りはSkypeの方がいいかなとも思います。

メインがPCでの作業で、外出時にはSkypeでの通話という使い方がいいでしょうね。

 

ChatWorkの登録方法

まずはChatWorkへ飛んで、登録をしましょう。

右上の「新規登録」からメールアドレスを入力簡単に行なえます。

 

「新規登録」をクリックしたら、メールアドレスを入力する画面になるので、入力します。

その後、入力したアドレス宛にメールが届いているので、「アカウント登録」をクリックします。

 

必要事項を記入していきます。

名前はニックネームでも問題ありません。

 ※「omoshiro.tarou1000@gmail.com」のアカウントは解説用のアカウントなので、このメールアドレスで検索してコンタクトしてもらっても反応しません。

 

必要事項の記入が完了すれば、チャットワークが使用可能になります。

その後は、招待メールの入力がありますが「スキップ」または「すぐに使い始める」でアカウントに入り、右上のサムネイルをクリックしてプロフィールを完成させましょう。

 

チャットワークは、初めに設定した表示名以外にIDを設定できます。

IDは検索でも使えるので、IDも設定しておきましょう。

あとは、サムネイルくらいを設定しておくと良いでしょう。

 

ChatWorkの使い方

ここからは、ChatWorkの基本的な使い方について解説していきます。

 

コンタクト追加&承認&削除方法

誰かをコンタクト追加したい場合は、チャット一覧の左の+か、青丸の部分からコンタクト追加が出来ます。

 

コンタクト追加時は「メールアドレス」「ID」「名前」で検索することが出来ます。

ちなみに、僕の本アカウントのIDは画像の通りなので、コンタクト追加したい人は、コンタクト追加をする際にメッセージに要件を入れておいて下さい。

 

コンタクト依頼をした人の一覧は「承認依頼中」の欄から見れます。

相手がコンタクト承認をするまでは、キャンセルすることも可能です。

 

誰かからコンタクトが来た場合は、青丸の部分にコンタクト依頼の件数が表示されます。

そこをクリックすると、画像のように誰からコンタクト依頼が来ているのかが分かるので、必要に応じて「承認する」をクリックすると承認され、コンタクト追加されます。

 

承認すると、チャット一覧の部分に承認した人が表示され、その人とのチャットなどが出来るようになります。

 

もう連絡を取らなくなった人を、コンタクトから削除する方法は簡単です。

コンタクトを削除したい人を選択して、青丸の部分から削除すれば削除されます。

 

メッセージやファイル送信

メッセージを送る際には、送る相手やグループを選択して、メッセージ欄に入力します。

メッセー欄では「Shift+Enter」でメッセージを送れて、Enterだけだと改行になります。

しかし、「Enterで送信」にチェックを入れるとEnterで送信できるようになるので、自分の好みに合わせて使ってみて下さい。

 

さらに、送ったメッセージの削除は「・・・」から出来ますし、メッセージ相手へ分かるような返信、そのメッセージを引用してメッセージを送る、タスクとしてそのメッセージを作成するなどが、下記の部分から行えます。

 

ファイルなどを送信する場合は青丸のクリップマークから出来ます。

 

ビデオ・音声通話の方法

ChatWorkでは、ビデオ・音声通話が出来ます。

通話したい相手を選択し、画像の青丸部分のカメラマークをクリックし、音声かビデオ通話を選択します。

 

参加者(通話相手)が出るまでは、通話画面で待機です。

 

画面共有方法

画面共有(自分の画面を相手に見せる事ができる機能)は、通話画面の右上に「⇛」というマークがありますが、これをクリックすると画面共有される画面が表示されます。

「共有」をクリックすれば、相手に画面共有されます。

自分のPC画面が表示されますので、事前に相手に見られてもいいように整理しておきましょう。

 

画面共有を終了する時は、「画面共有を停止」をクリックすれば終了します。

 

グループチャット作成&削除方法

ChatWorkでは、複数人でチャットなどが出来るグループチャットを作成することが出来ます。

自分のコミュニティーを持っている人は、グループチャットを作成することで、グループチャットに招待した人全員が共有できるチャットを見ることが可能です。

もちろん、他のグループメンバーのチャットも、グループに属している誰もが見ることが出来ます。

 

作成方法は至って簡単です。

チャット一覧の右の「+」「グループチャットを新規作成」をクリックします。

 

「チャット名」を入れて、概要は入れなくてもいいですが、必要に応じて入れておきましょう。

そして、招待したいメンバーにチェックを入れて、必要に応じて権限を変更します。

権限は「管理者」「メンバー」「閲覧のみ」があり、それぞれが出来ることは以下の通り。

管理者 グループチャットメンバーの変更や削除 ルーム名や概要の変更 メッセージの送信
メンバー メッセージの送信
閲覧のみ 閲覧のみ

基本的に、作成した本人以外はメンバーでOKです。

 

削除は、削除したいチャットグループを選択して、右上の青丸の部分から出来ます。

チャットはそのままで、自分だけ退席するということも可能です。

 

タスク設定方法

いつまでに何をやるのか?を設定することで作業目標を設定し、進捗をコントロールすることも出来ます。

「マイチャット」では、自分用にメモやタスクなどを記載できます。

マイチャットを選択して、右にあるタスクを入力するだけです。

担当部分は、自分以外にプロジェクトに加わっている人も選択できます。

複数人で行っているプロジェクトであれば、みんなで「誰が何をいつまでにやるのか?」というタスクを、引用で共有することも可能です。

以上で、チャットワークの基本的な使い方の解説を終了します。

 

Skypeについて

Skypeとは、ChatWorkと同じようにリアルタイムでのチャット機能や通話機能が使用できるツールです。

フリーで使用できて、無料ながらChatWorkでは有料の機能であるグループ通話が可能です。

通話品質は無料なだけに良くない時もありますが、通話機能だけ見れば、スマホアプリからでも通話出来るので、使い勝手はChatWorkよりいいと思います。

 

Skypeダウンロード&アカウント登録

まずはSkype公式サイトのダウンロードページから、Skypeをダウンロードしましょう。

ベータ版という新しいデザインのSkypeがOSごとにダウンロードできますが、個人的に従来のSkypeのデザインの方が見やすいと思っているので、従来のSkypeをダウンロードして解説します。

ベータ版にしろ、基本的な使い方は同じなので、好きな方を選択して下さい。

 

ダウンロード後、データを実行するとインストーラーが立ち上がりますので、「同意する」をクリックします。

 

次に「Bing」を検索エンジンに、「MSN」をホームページに設定するかどうか聞かれますが、ぶっちゃけyahooやGoogle設定していれば、それで問題ないので、必要なければチャックを外して「続行」をクリックします。

 

次にSkypeのサインイン画面が出てきますが、まだアカウントを持っていないので、「アカウントの作成」をクリックしてアカウントを作っていきましょう。

 

 

電話番号とメールアドレスでの登録が出来ますが、今回はメールアドレスでの登録をご紹介します。

アカウント作成ページに飛んだら、下記のようなページに飛びますので、「または、既にお持ちのメールアドレスを使う」をクリックします。

 

 

その後、下記のアドレス登録画面になりますので、アドレスを入力し次へ。

 

 

次に名前を入力します。

名前は本名でなくてもOKです。

 

すると、登録したアドレス宛に4桁のコードが届くので、それを入力して次へ。

 

 

次は表示されている英数字の認証をして次へ。

 

すると、Skypeが立ち上がるので、続行で次へ。

 

スピーカーやマイクなどの設定が出来ます。

設定できたら続行して次へ。

 

次はサムネイル画像の設定画面が出ますが、今追加でも後で追加でも出来ます。

今なら「続行」、後なら「後で追加する」をクリック。

今回は後で追加することにします。

 

これで、事前の設定はほぼ完了したので、「Skypeを早速使用する」をクリックしSkypeを使っていきましょう!

 

Skypeの使い方

まずは簡単なプロフィール設定をしましょう。

 

プロフィール設定

立ち上がったら、自分のサムネイル画像か名前をクリックします。

 

すると、下記のように画像と名前が変更できます。

「画像を変更」で、そのまま自分の好きな画像をPCからアップして、名前は変更したら右の「✓」をクリックすれば変更されます。

 

ちなみに、その下にある「ムード」というものがありますが、これは名前の下に簡単なメッセージを入れることが出来ます。

 

名前同様、メッセージを入れたら「✓」をクリックします。

僕の場合は、いきなり通話してくる人もいるので、画像のような感じで入れていますが、必要なければ文字を消して無しでも構いません。

 

状態

次に状態説明をします。

自分の画像の右下に緑色の✓があると思いますが、これはSkypeにログインしていて、メッセージなどに反応できるオンライン状態だということを相手にお知らせするためのものです。

 

この部分をクリックすると、様々な状態に変更できます。

オンライン状態を隠すという、ステルス機能も備わっています。

オンラインや退席中やオンライン状態を隠している時は、通知が届きます。

 

取り込み中の場合は、音での着信やチャットが分からないようになっているので、気をつけましょう。

通話やチャットのやり取り自体は出来ますが、Skypeアプリを見ていないと通知が分かりません。

 

さらに、一番下のオフラインにすると完全なオフになり、相手のオンライン状態なども消えます。

 

コンタクト方法

SkypeもChatWork同様に相手がいなければやり取りできないので、コンタクトを送ってみましょう。

注意

IDや名前は同じような人が大量に出てくる場合がありますので、ちゃんとコンタクトしたい相手なのか確認してから送って下さい。

「検索」という欄に、相手の名前やメールアドレスやSkypeIDなどを入れて検索し、出てきたら相手を選択して「連絡先リストに追加」をクリックします。

 

その後、任意のメッセージを入れて送信します。

 

送信すると、自分の連絡先に相手が表示されますが、相手が認証してくれないと状態は「?」のままです。

 

相手から見た場合、コンタクトが来たら以下のような通知があります。

 

コンタクト希望相手をクリックすると、チャット画面に以下のように、コンタクトを許可するか、拒否するか出てきますので、必要に応じて連絡先に追加してください。

 

チャット&通話

コンタクト相手の連絡先に追加されると、相手の状態が見れるようになり、チャットや通話などが出来るようになります。

 

下記の画像の位置で音声&ビデオ、チャットが使用できます。

チャットは「Enter」で送信、「Shift+Enter」で改行できます。

 

メッセージはメッセージの上で、マウスの右クリックをすれば編集や削除ができます。

 

通話中はチャットも開けるので、メモ代わりにも使えます。

自分の声をミュート(消す)したい時は、マイクボタンをクリックすればミュートできます。

 

 

 

 

 

画面共有方法

Skypeでも相手との通話中に、画面共有する機能が使えます。

相手との通話中の画面で、以下のような「+」のマークをクリックして「画面を共有」をクリックします。

 

そうすると、共有される画面が出てきますので、開始をクリックすれば相手に自分の画面が共有されます。

終了する時は再度「+」ボタンから共有を停止することができます。

※画面が2つあるのは僕のディスプレイが2つある為です。

 

グループチャット作成方法

ChatWork同様にSkypeでも、複数人の人とチャットや通話が可能なグループを作ることが出来ます。

ChatWorkでは有料なのに対して、Skypeは無料でこの機能が使用できるので、コミュニティーを持っている人にとっては非常にありがたい機能です。

まず、①をクリックして、②でグループに追加可能なメンバーが表示されるので、選択して追加します。

その後に、③でグループ名を好きな名前に変更します。

 

グループを作成した後でも、名前や設定の変更が可能です。

 

以上でSkypeの登録から、基本的な使い方の解説を終了します。

お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 達成。さらにブログ売却経験もあり。 性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。 食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら