見出しのデザインを作ってみよう!CSSに貼り付けるだけ!

 

どもども、本日2記事目は、

見出しのデザインについて解説します!

 

自分で簡単に見出しが作れる

↑   ↑   ↑

これが最近導入した見出しのデザイン

 

最近、ペナルティーを受けて新規ブログを作りましたが、テンプレートによっては、見出しのデザインが文字だけしかないものもあります。

まあトレンドブログには必要ないかもしれませんが、この方法を覚えておくと、他のブログにも応用できるので解説します。

 

まず、自分の好きな見出しを作れるサイトを紹介します。

WEB道

 

こちらのサイトに飛んで、見出しの種類や色などを自分好みに選ぶだけで、思い通りの見出しが完成します。

これはとても便利ですね!

 

そして作り終えたら、「ジェネレート」ボタンを押すと、CSSコードとHTMLコードが出てきます。

 

CSS

 

ここで、出てきたCSSとHTMLをブログの方に書き込む作業があるのですが、ここで分からない人が出てくると思います。

僕もあまり詳しくないので、理解するのに時間がかかりました。

 

CSSという部分のコードは、「外観」→「テーマ編集」→「スタイルシート」の中の、一番下にでもそのまま貼り付けるだけでOKです。

ですが、テンプレによっては反映されない場合もあります。

反映されない理由は正直よく分かりません(笑)

 

大体はCSSの最後に貼り付けるだけで大丈夫だと思います。

そして次にHTMLコードなんですが、これはAddQuicktagのプラグインを使用します。

 

 

AddQuicktagにタグを登録する

 

 

毎回タグを埋め込むのは面倒なので、AddQuicktagというプラグインを使えば、簡単にタグを挿入できます。

「設定」→「AddQuicktag」で下の画像のようにタグを埋め込みます。

 

見出し01

 

 

左端から分かりやすい名前を書いて、開始タグと終了タグを入力します。

 

あとは一番右端のチェックボタンをクリックすると、画像のように全ての項目にチェックされます。

これで設定は完了です。

 

あとは編集画面で見出しを付けたい文字を選択し、見出しを付ければ完了です。

 

見出し02

 

 

やってみると結構簡単にこうしたカスタマイズが出来るのも、WPならではの機能ですよね。

知り合いが今までMT(ムーバブルタイプ)を使用していたのですが、WPの使い方を教えたら、MTに比べて簡単で分かりやすいと言っていました。

 

最新の技術がいかに優れていても、それを扱う側がそれなりの知識を持っていなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

 

ですから、日々勉強という言葉は身に染みます。

僕もいまだに訳の分からない現象で戸惑う時もありますが、こういった時は、自分に知識を蓄えるチャンスだと思って、色々勉強してみるといいですね!

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収64万、日給8万4千達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら