アドセンス講座

【最新版】アドセンス審査に通らない人が一発合格するブログ作成方法!

アドセンス審査合格のブログ作成

どうも、高木です。

今回は、ブログアフィリエイトの収益源であるAdSenseや、審査に一発合格するためのブログ作成方法をご紹介します。

審査基準が厳しくなってからのアドセンス審査に通らない方は、一発合格を目指しチャレンジしてみてください!

解説動画

Google AdSenseとは?

AdSenseの審査

まずGoogle AdSenseについて、軽く説明しておきます!

AdSense(アドセンス)は、Googleが運営しているクリック型の広告を配信しているアフィリエイトプログラムです。

クリック型とは何ぞや?という疑問から解説すると、その名の通りクリックされたら報酬をもらえるというアフィリエイト。

報酬は表示される広告によってまちまちですが、平均で数十円ほどです。

 

少ないと思われるかもしれませんが、クリックされるだけで報酬が発生し、初心者でもかなり取り組みやすいもので、アクセスの増加とともに自然にクリック数も上がります。

とおる
とおる
アクセス集められれば、ウハウハな金額になるのは体験済みです!

 

結果的に、報酬も上がっていくというシンプルな結果が目に見えるので、モチベーションも維持しやすいです。

成果報酬型のように、アクセスはあってもモノやサービスを買ったり利用しないと、その対価として報酬がもらえないことはありません。

Google AdSenseには審査がある!

Google AdSenseの広告を使用する際には、事前に審査が必要になります。

この審査にクリア出来れば、晴れてAdSenseアカウントを取得出来て、広告を貼れるようになります。

一度AdSenseアカウントを取得すれば、余程のことがない限りは停止等のペナルティにはならないので、取得をしておきたいところですが・・・

 

このAdSenseの審査がこれまた少々厄介なのです。

何も知らない初心者が軽はずみな勢いで「AdSenseの審査なんて、速攻でクリアしてみせるぜ!」なんて言っても、まず無理だと思います。

というのも、審査に関して知っておくべきポイントがあり、それらを知らずに審査を通すのはほぼ受からないという現実があります。

 

そこには、Googleという企業がGoogleのサービスを使用するユーザーに対して、どのようなポリシー(強い方針)を持っているのか?から知る必要があります。

そのポリシーを知った上で、どのように審査をクリアすればいいのかを、解説していきます。

このポリシーさえ常に意識しておけば、AdSenseだけではなくアクセスアップにもつながるので、審査概要の前に是非知っておいて下さい。

Google AdSenseのポリシーとは?

GoogleはAdSenseを利用する広告主・掲載主・それを見るユーザーにとって、最適で快適かつ安全な環境を提供していくというポリシーがあります。

そのポリシーに沿わないブログなどのメディアに対しては、AdSenseの使用を禁止しています。

禁止されているのに、強引に広告を貼ると広告の配信がストップしたり、最悪アカウント停止のペナルティを受けることになります。

 

Googleのポリシーやガイドライン、さらに禁止コンテンツをしっかりと理解し、守ることで報酬を最大化させることが出来ます。

とおる
とおる
基本的には、家族に見せられないような内容、ズルして自分でクリックしたり、不正にアクセス集めたり、違法なことをしちゃダメよと書かれています。

なので、まずはこれらのポリシーやガイドライン、禁止コンテンツをよく読んでおいて下さい。

【最新版】Google AdSense審査基準ポイント

アドセンス審査ポイント

さて、ポリシーなどGoogleについて理解を深めたところで、AdSenseの審査基準ポイントについて解説します。

以前と違って、AdSenseの審査もかなり変化していて、2016年以降からGoogleの審査がかなり厳しくなりました。(独自の経験や合格した人の傾向に基づく推測ポイント)

・無料ブログでの申請が不可となり、独自ドメインを取得する必要がある

・文字数は最低1000文字以上

・検索されやすいタイトル、日記程度の内容ではなく、より専門性があったり、ユーザーが求めている内容を書く

・記事数は数記事~数十記事(質が良くて文字数が多いほど記事数が少なくても通りやすい)

・記事更新頻度は毎日

・1次・2次審査の概念がなくなり、ブログとアドセンスのコードをリンクさせるのみ(2017年7月から)

・画像や動画も使用してもOK

・プライバシーポリシーの設置などブログを最適化させる

それぞれ、詳細に解説していきます。

無料ブログでの申請が不可となり、独自ドメインを取得する必要がある

2016年以前では、無料ブログでの申請が可能でしたが、現在では無料ブログは申請不可になっています。

ですから、独自ドメインを取得して申請する他ありませんが、その独自ドメインでそのまま申請してブログアフィリエイトを行えるので、ある意味手間が省けた感じです。

 

これまでは、無料ブログでの審査用ブログを構築し、その後独自ドメインを取得していましたから。

独自ドメインは、取得した日が早いほど(ドメインが古くなるほど)SEOが有利になると言われていますので、この変更は逆に良かった気もしています。

独自ドメインを取得するということは、レンタルサーバーも一緒に借りる必要がありますので、まだ借りていない人は下記の記事を参考に借りてみましょう!

WordPressインストール
エックスサーバーにWordPressを自動インストールする方法を解説!どうも、高木です。 エックスサーバーを契約し、ドメインまで取得したらあとはWordPressをサーバーにインストールします。 ...

文字数は1000文字以上

僕が審査基準前の2016年以前に申請した、Seesaaブログはこんな感じでした・・・

とおる
とおる
昔は、こんな適当な記事でも良かったんですよ(笑)

むしろ、自分で適当に考えたストーリーをひたすら書きなぐって、文字数稼いでタイトルも適当だったとしても良かったのです。

 

でも、今はより質の高いコンテンツが必要となり、その1つの基準として文字数を多くすること。

その基準が1000文字以上~と言われていますが、文字数は多いほうが滞在率がアップするのでプラスになります。

当然、適当に文字数稼ぎの変な内容を書きなぐってもダメで、やはりユーザーにとって有益な情報を提供する事が重要です。

検索されやすいタイトル、より専門性がありユーザーが求めている内容を書く

これはかなり重要で、検索されるタイトルや内容をこの段階から意識することは、かなり有効です。

どのみち、今後行なうブログアフィリエイトでは、タイトルが最も重要な要素になるので、この段階でしっかり理解しておくといいですね。

検索されやすいタイトルでは、実際に皆が検索しているキーワードを探してみて下さい。

 

一番手っ取り早いのは、yahooの虫眼鏡ワードと呼ばれている、関連ワードを見てみることです。

トップページの検索窓にキーワードを入れると出てきます。

 

キーワード単体で検索した時にも、候補は検索画面の上と下に出てきます。

検索画面上

検索画面下

 

これらのキーワードは、実際に皆が検索しているキーワードとして、その数が多いためにこのように出てきます。

なので、自分が書こうとしている内容に沿ったキーワードは、どのようなことが検索されているのかを知った上で、タイトルにキーワードを入れることをオススメします。

一番書きたいキーワードを一番左に持ってくるのがベストです。

 例:何かの仕事なら「職業名」、なにかの料理なら「料理名」、なにかの物なら「物の名前」、旅行なら「旅行先の地名やホテル名」などなど。

 

内容に関して、一番書きやすいのは自分の経験から探すこと。

こんな部活をやっていた、こんな仕事をしていた、こんな物を使っていた、こんなところに旅行した、こんな美味しいお店を見つけたなど。

ただし、適当な日記内容ではなく、読み手にとってプラスになるような内容を書いて下さい。

 

記事構成はシンプルで構いません。

リード文(150文字程度)

見出し(キーワードを含める)

見出し(キーワードを含める)

まとめ

見出しは2つくらいにしておいて、キーワードを含めて書きます。

あとは、その内容に沿って書いていけばOKです!

その経験をしたからこそ分かる、おすすめポイントや気をつけるポイントなどを、しっかり書き込めばオリジナリティも増します。

記事数は数記事~数十記事(質が良くて文字数が多いほど記事数が少なくても通りやすい)

これまでは、記事数は20~30記事以上というように言われていましたが、たった数記事でも合格している人もいます。

僕自身は10記事ほどで、審査基準が厳しくなってから合格した経験があります。

Googleは明確な基準を公開していないので、確実なことは言えませんが、やはりユーザーにとって有益な記事であれば数記事でも合格できるようです。

 

ちなみに、合格ラインを調べていく内に、6記事でも合格したという人がいて、なぜこの記事数で合格できたのか検証してみました。

文字数が平均で2500文字ほど

記事内容はスポーツのやり方に関する為になる内容

画像も自撮りのオリジナルのものを使用

簡単なプロフィールやプライバシーポリシーを記載

タイトルもしっかりと商品名などのキーワードが入っている

サイドバーには最新記事やピックアップ記事、検索やカテゴリーなどユーザーが見やすいようなウィジェットが配置されている

ポイントは、内容が濃い上に1記事あたりの文字数が多かったことだと思います。

それだけ、ユーザーに対しての「情報量と文字数が多い=役立つ情報が多い=質が高い」と判断されたのかもしれません。

画像が自撮りした完全オリジナルなのも、ポイントでしょう。

 

もし、記事書くのが面倒で10記事以下で審査を通す際には、1記事あたりの文字数を増やしたりして記事の質を高めてから審査してみて下さい。

この、有益な記事を書くということは、アクセスが集まるような記事が書けるようになる練習にもなるので、その後の運用も楽です。

記事更新頻度は毎日

記事更新頻度は毎日1~2記事をオススメします。

やはり、毎日というか頻繁に更新されている生きたブログの方が有益ですからね。

しかし、仕事などの時間の都合上難しい人もいると思います。

 

そんな時は、WordPressの日付設定をいじることで、今書いた記事でも過去の記事として変更できます。

「すぐに公開する」の横の編集をクリックすれば、下記のような設定が可能です。

終わったらOKを押せば、設定完了。

つまり、書き始めた日から1~2記事ずつ時間を過去に遡らせ、審査申請日を考えて数日間分さかのぼって設定すれば、見た目上は数日前から審査申請日まで記事を書いていることになります。

とおる
とおる
2017年夏以降に、友人がこの方法でアドセンス合格したので、時間のない人は試してみて下さい。

1次・2次審査の概念がなくなった(2017年7月から)

2017年7月以前までは、アドセンスの審査は1次と2次審査がありました。

1次審査はブログがアドセンスを利用するにあたって最適なものかどうか、2次は実際に広告を貼って表示されているかどうかの審査です。

1次審査が通過したら、2次審査は広告を貼るだけなので、通ったも同然な感じでした。

 

それが2017年7月以降は統合されたようです。

この点に関しては、手っ取り早く審査完了出来るようになったので、プラスだと思います。

だからこそ、一発でサクッと申請するために、ポイントを熟知しておきましょう!

画像や動画も使用してもOK

以前の審査では画像や動画はご法度とされていました。

僕は画像などを貼った状態で審査した経験がなく、すでに出回っていた「画像や動画を使用しないほうがいい」という情報の元で、審査に出していました。

画像や動画のリスクとしては、著作権が絡んでいると法的にアウトになるので、その辺りを審査対象としてはNGにしていたのかも。

 

しかし、公式で一般に配布されていたり、著作権フリーのものもあるので、こうした画像や動画を使っていた人が審査に落ちたからと言って、画像や動画が悪いとは言い切れません。

他の審査ポイントで落ちたかもしれないですし。

とにかく、以前は画像や動画はご法度とされていましたが、2016年以降の審査では画像も動画も使用しても、審査に合格した人が続出しましたので、有効なポイントなのでしょう。

 

審査基準が変わったことで、よりユーザーにとって有益なコンテンツを作ることが重要です。

その中で文字だけではイメージしにくい情景を、画像や動画も与えてくれるので、場合によってはユーザーに対して有益になります。

それらを加味した審査基準の変化なのでしょう。

ただし、著作権違反リスクのある画像や動画(公式で一般的に配布されていたり、著作権フリーのもの以外)は、絶対に使用しないようにしましょう。

特にYouTube動画には、著作権違反(公式以外のTV番組など)のものが、今だにたくさんあるので気をつけてください。

著作権が絡んでいなければ、自分で撮影したオリジナルの画像や動画の方が100倍いいです。

プライバシーポリシーの設置などブログの最適化

プライバシーポリシーとは、個人情報を取り扱ったり、アフィリエイトを利用する際には必要な記載となります。

個人ブログで特に個人情報を収集していないと思っていても、問い合わせやコメント欄から収集出来るメールアドレスなんかも個人情報です。

プライバシーポリシーは、ブログのグルーバルメニューかフッターにでも記載しておけば問題ありません。

プライバシーポリシーの具体的なテンプレは下記の記事を参考にしてください。

プライバシーポリシー
ブログに載せるプライバシーポリシーについてどうも、高木です。 今回はブログに必須なプライバシーポリシーについて解説します。 アドセンス審査にも必須なので、是非プライバ...

ブログとアドセンスのコードをリンクさせる

2016年10月からこのリンクさせる作業が加わりました。

アドセンス申請後にアドセンスのコードを、header内の<head>タグの間に挿入します。

その後に、審査が開始されます。

 

しっかり<head>タグの中に、コードを挿入しないと審査が不合格になります。

初心者の人は、訳が分からないと思いますので、アドセンス申請手順の記事で詳しくご紹介します。

アドセンス審査申請と審査中と不合格時の対策
【最新版】アドセンス審査申請方法と審査中や不合格時にやるべきこと!どうも、高木です。 AdSense審査に必要なブログの作り方などをすでに学ばれたと思いますが、次はいよいよAdSense審査に申請する方法や、審査中と不合格時にやるべき対策について解説します! この審査さえ突破できれば、あとは広告を貼ってアクセスをガンガン集めて下さい!...

アフィリエイトリンクは貼らない

AdSense審査時には、記事内やサイドバーなどに、A8や楽天やAmazonなどの他のアフィリエイトリンクは貼らないようにしましょう。

とおる
とおる
ということで、簡単に言えば「よりユーザーにとって求められている質と量を兼ね備えた、ポリシー違反していないコンテンツを提供しているメディア」にはAdSenseの許可を出しますよってことですね。

Googleが2016年以降、いかにGoogleを利用するユーザーにとって快適で、有益なサービスを提供することを重視しているかが分かります。

そのお陰で、全てのユーザーが恩恵を受けています。

広告主・・・より質の高いコンテンツを掲載しているメディアに掲載された方が、効果がより高くなる

掲載主・・・より質の高いコンテンツを強化することで、SEO的にも有利になり、アクセスや報酬アップにつながる

ユーザー・・・より質の高いコンテンツを見ることができる

こうした、誰もがハッピーになる事をポリシーとしているのがGoogleです。

これらを意識してコンテンツを作っていけば、何も知らない人よりは早く審査通過出来ます。

 

Googleって本当にブラックボックスで、なかなか明確なポイントを教えてくれません。

その上、審査基準が厳しくなったのですから、厄介ですよね。

でも、これってポジティブに考えるとブログアフィリエイトをする上で、良い訓練になります。

 

今はGoogleの進化とともに、適当なタイトルや記事を書いてもアクセスは来ませんし、よりユーザーが見てくれるように工夫してブログを作っていくことは必須です。

そして合格すれば審査用ブログをそのまま運営していけばいいので、事前にアクセスアップのための訓練というかGoogleからの研修を受けているような感じで捉えてもらえればいいです。

その為に僕からは自分の経験とか人から聞いた話とか、ポイントはある程度分かっているので、審査に一発合格するためのブログを作成していきましょう!

AdSense審査ブログ作成方法と審査通過までの5STEP

アドセンス審査

いよいよ、審査に通すためのブログ作り開始です!

まだ、下記の記事を読んでいない人は、審査用ブログを作成する前に読んでおくべき記事なので、読み散らかしておいて下さい。

 

AdSense用審査ブログなのですが、まずはレンタルサーバーを借りて、ドメインを取得し、WordPressをインストールしておいてください。

エックスサーバー契約
エックスサーバー契約&ドメイン取得&追加設定方法を解説!どうも、高木です。 AdSenseの審査が無料ブログで通っていたものが、2016年からは独自ドメインでしか通らなくなりました。 ...
WordPressインストール
エックスサーバーにWordPressを自動インストールする方法を解説!どうも、高木です。 エックスサーバーを契約し、ドメインまで取得したらあとはWordPressをサーバーにインストールします。 ...

すでにこちらの作業が済んでいる人は、早速下記の5STEPに入りましょう!

手順は以下の通り。

STEP1 テンプレート変更

STEP2 サイドウェジェット設置

STEP3 グローバルメニューに「お問い合わせ」「プライバシポリシー」設置

STEP4 記事作成(最重要)

STEP5 アドセンス審査に向けての最終確認

STEP1 テーマ変更

WordPressのインストール後は、3つの初期テーマがインストールされています。

そのうちの1つがテーマに設定されていますが、アドセンス審査する際には、初期のものよりは別のテーマに変えたほうが、しっかり運営している感は増します。

どのみち、今後変えることになるので、今のうちに変えておきましょう。

 

有料のものもいろいろありますが、まずは無料でも構いません。

おすすめは以下の無料テーマです。

とおる
とおる
無料とは思えないほどの完成度で、そのままテーマで運用しても大丈夫なレベルです。

 

 

有料テーマでおすすめは以下のテーマです。

とにかくデザインや居心地の良さを追求したテーマで、読んでいるユーザーはもちろん、書いているこちらも楽しくなるような、工夫がてんこ盛りです。

とおる
とおる
楽しく書けることは、継続して記事を書くにあたって大切なことなので、スーパーおすすめなテーマです!

STEP2 サイドウェジェット設置

一般的なブログにもよくありますが、左右どちらか、もしくは左右にプロフィールだったり、人気記事・新着記事などが配置されています。

サイドに配置することによって、記事を読んでくれているユーザーに対して、他の記事も読んでもらうため、自分のことを知ってもらうためなど、ユーザーの滞在率や回遊率をアップさせる効果があります。

審査用のブログでも、今後のことを考えても実践したほうがいいので、サイドウィジェットは必須です。

サイドウィジェットには、プロフィール・最新記事・人気記事などを配置しておきましょう!

STEP3 グローバルメニューに「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」設置

グローバルメニューとは、青枠で囲ってあるブログのヘッダーにあるメニュー一覧のことです。

グローバルメニューには最低でも「ホーム」「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」を設置しておきましょう。

その他、主要カテゴリーも追加しておくといいですね。

 

「お問合わせ」の位置は得に決まっていません。

ふくろぐでは、メインコンテンツの邪魔にならない程度に一番左に配置しています。

このお問合わせは、プラグインの「Contact Form 7」で設置出来ます。

 

同じように固定ページでプライバシーポリシーも作成し、グローバルメニューに追加しておきましょう!

プライバシーポリシーのテンプレは、下記の記事を参考にして下さい。

プライバシーポリシー
ブログに載せるプライバシーポリシーについてどうも、高木です。 今回はブログに必須なプライバシーポリシーについて解説します。 アドセンス審査にも必須なので、是非プライバ...

STEP4 記事作成

ブログの形が出来てきたら、次は肝心なコンテンツである記事作成についてです。

審査用記事に関しては、審査ポイントを意識して、以下の流れに沿って記事を書けばOKです。

  1. 自分の経験や知識から書きやすい1つのテーマを決める
  2. そのテーマについてヤフーなどでメインのキーワードとその関連キーワードを探す
  3. メインキーワードと関連キーワードでタイトルを作成する
  4. そのタイトルのキーワードに沿って記事を書いていく

STEP5 アドセンス審査に向けての最終確認

ここでは、アドセンス審査に向けての最終確認事項を記載しておきます。

何度も言いますが、アドセンス審査は明確な基準がないので、これをやれば確実に合格というラインは分かりません。

しかし、自分の経験や友人の合格経験、さらに色々なところからの情報を元にこれをクリアしていれば、高確率で合格できるというラインがおおよそ見えていますので、それらを最後にしっかり確認してみて下さい。

・ブログのグローバルメニュー(特にお問い合わせ・プライバシーポリシー)や、サイドウィジェットは設置されているか?

・記事タイトルは検索されるようなタイトル構成やキーワードが入っているか?

・記事内容はポリシーや禁止コンテンツ、さらにユーザーにとって有益で読みやすい記事を意識して書かれているか?

・文字数は1000文字以上書かれているか?

・記事数は5記事以上書いているか?

・更新頻度は毎日更新で書いていたか?

・他のアフィリエイトリンク等を貼っていないか?

・画像や動画の著作権は大丈夫か?

まとめ

これで、長かったアドセンスの取得~合格後の対応までが全て終了しました!

書いてある内容をしっかり実践してもらえれば、アドセンス審査の一発合格はできるはずです。

実際に、僕や指導した人でしっかり実践して落ちた人はいませんので!

それでは、お疲れ様でした!

ABOUT ME
高木とおる
人生を面白・可笑しく生きてます。 月間最高150万PV超え・1日16万PV超え 達成。日給8万円超え・月収60万超え達成。1ブログ770万円で売却成功。Lancersではシルバーランク。簡単なWordPressカスタマイズや画像制作、SEOライティング等を活かして副業系・求人系・投資系のライティング活動経験もあり。性格は温厚でかなりのマイペース。嫌なことは寝たら忘れるタイプ。食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。詳細なプロフィールはこちら