アドセンス講座

AdSense広告の貼り方!収益アップの種類とサイズと配置解説!

AdSense広告の貼り方!収益アップの種類とサイズと配置解説!

どうも、高木です。

今回は、AdSense広告の作成方法にともなって、少しでもクリック率を上げて収益アップを狙いたい方向けに、オススメの種類とサイズと記事内の配置について解説します。

AdSense広告のクリック率は、報酬と直結する重要な部分なので、初心者の方や稼げてない方はしっかり意識して取り組みましょう!

AdSenseの自動広告設定と広告ユニット作成

 

とおる
とおる
AdSense広告を貼るにはまず、自動広告の設定と広告ユニットを作成する必要があります。

自動広告は、ブログ内の収益性が高いと判断された場所に、自動で広告を挿入してくれる機能です。

広告ユニットは、通常のテキスト広告やディスプレイ広告に加えて、収益性の高い関連コンテンツユニットなどの、ネイティブ(文章やコンテンツに自然に溶け込む)広告を作成できます。

それでは、それぞれの作成と設定方法を解説します!

自動広告の設定方法

まずは、自動広告の設定から行っていきます!

AdSense管理画面にログインしたら、広告から自動広告へ。

AdSense自動広告設定

 

全般設定の変更をクリックします。

AdSense自動広告変更

 

ページ内広告は全てオフにします。

AdSense自動広告設定オフ

 

そして、オーバーレイ広告も、全てオフにして保存して下さい。

 

ふくろー
ふくろー
あれ?全部オフやん??
とおる
とおる
とりあえず全オフでOK!

自動広告を全部オフにする理由

自動広告は、ブログ内の収益性が高いと判断された場所に、自動で広告を挿入してくれる便利な機能です。

さらに、機械学習によって、徐々に広告の配置も最適化されてく仕様になっています。

じゃあ、自動広告だけでいいんじゃないの?

って思われるかもしれませんが・・・

 

特にページ内広告に関しては、僕の経験上、もう少し自分が思っている位置に来て欲しいという感じでした。

例えば・・・

・文章の間(段落的に入ってほしくない部分)に出現する

・画像の説明をしている文章と画像の間に割り込んでくる

・ヘッダーやフッターに無駄に大きなサイズの広告が出る

・関連コンテンツがフッターのさらに下に表示される

これは僕のブログでの結果なので、あなたも同じ結果になるとは限りません

 

収益に直結するクリック率が高い位置や、広告サイズはある程度決まっているので、そのサイズや場所にピンポイントで設定してもらえればいいのですが、まだまだ完璧にとはいかないようです。

ただ、徐々に最適化されていくみたいで、自動広告でも収益アップしたという方もいるので、もし導入するならしばらくは様子見もいいかもですね。

 

細かい部分を言えば・・・

テキスト広告とディスプレイ広告は、僕がオススメするサイズと位置に表示させるために、手動で設定する必要がありますのでオフ。

テキストとディスプレイ広告出典:AdSense
とおる
とおる
まあ、手動と言っても設定次第で手間はほぼありません。

 

インフィード広告は、スマホ専用広告でPCに表示されない、表示されるのはトップページの新着記事一覧やカテゴリーページの記事一覧といった、通常あまり見られない部分に挿入されます。

導入しても見づらくなったり、収益が上がりづらいという意見もあるのでオフ。

インフィード広告出典:AdSense

 

記事内広告は、記事の中に溶け込むようなネイティブ広告で、広告っぽさを主張していないのですが、僕がとある特化ブログで試した時に、クリック率が低かったという理由からオフ。

記事内広告出典:AdSense

 

関連コンテンツは表示されても、フッターの更に下に表示されたことがありますし、状況に応じて表示されない場合もあるのでオフ。

関連コンテンツ出典:AdSense
とおる
とおる
フッターのさらに下まで見てくれるユーザーがいればかなり貴重・・・普通はほとんど見られないです(笑)

 

ちなみに、後ほど説明させて頂きますが、PCとスマホの両方で表示され、任意の場所に設置できて、収益性が高い関連コンテンツユニット(表示条件あり)が一番おすすめです。

関連コンテンツユニットは、一定の条件を満たさないと収益化できないので、表示条件に関しては後述します。

 

最後に、オーバーレイ広告の2つについてですが、一時的に導入してみたことがありますが、ぶっちゃけ収益はあっても微々たるものでほぼ変わらないし、むしろない方が良かったんじゃないかと思うのでオフ。

アンカー広告と全画面広告

アンカー広告は、スマホで見ると画面下か画面上から出てくる小さな広告で、スクロールしても追従してきます。(ユーザー自ら広告を閉じることはできる)

めちゃくちゃ邪魔ってほどの大きさではないですが、追従してくるので人にとっては、ウザいと思われてしまいますし、記事を読んでいる最中で閉じることはできますが、ユーザー自身が行う必要があるので、手間が発生しますね・・・

AdSenseアンカー広告出典:AdSense

 

全画面広告はページ間の読み込み時にドカッと出てくる大きな広告で、はっきり言って邪魔だと思う人は多いのでは?

徐々に最適化されてくると、表示頻度が減ってくるのであまり影響がなくなるようですが、人によっては嫌悪感を抱かせてしまい、ページから離脱してしまう可能性もあります・・・

AdSense全画面広告出典:AdSense

ふくろー
ふくろー
とりあえず、少しでも収益になるなら貼るべきじゃないの?
とおる
とおる
ユーザビリティーを考えると、僕はあまりオススメしないかな。

 

オーバーレイ広告を導入することで、クリック率が上がる傾向にありますが、それは誤クリックが増えたからという可能性が高いです。

中には誤クリックが増えたことで、収益が逆に下がったという方もいます。

これは、スマートプライシングが関係しています。

AdSenseはスマートプライシングというシステムを導入していて、クリックされた後に収益につながらないのであれば、そのブログの広告単価を下げてしまうというものです。

誤クリックというのは、意図しないクリックなわけなので、当然広告先の収益には繋がりにくいです。

 

クリック率は上がるかもしれないけど、広告単価が下げられては本末転倒です。

そして、オーバーレイ広告の存在があるだけで直帰率(そのページだけ見て離脱する割合)も上がる傾向にあるので、現状ではあまりオススメしません。

広告ユニットの作成方法

とおる
とおる
次は、メイン広告のオススメ種類と広告ユニットの作成を行います!

左の広告ユニットから、新しい広告ユニットをクリックします。

AdSense広告ユニット作成

 

AdSenseを取得して間もない頃は、3つの広告が使用できます。

AdSense広告種類3つ

 

ちなみに、ブログの記事数やPV数が一定の条件を満たすと、関連コンテンツユニットが解放されます。

AdSense関連コンテンツユニット

 

下記が実際に表示される、関連コンテンツユニットです。

関連コンテンツユニットPCのの場合はこんな表示
AdSense関連ユニットスマホスマホの場合はこんな表示

 

関連コンテンツユニットの解放条件

僕の場合だと、記事数は90〜100記事くらいで、PV数は月間2〜3万ほどで表示された記憶があります。

ただ、この条件も具体的な数値は公開されていないので、あくまで目安です。

とおる
とおる
関連コンテンツユニットは、表示されれば簡単に作ることができる上に収益性が高いので、表示されたらコードを取得して運用してみてください!

 

今回メインで使用する広告の種類は、テキスト&ディスプレイ広告なので、下記の部分をクリックします。

テキスト&ディスプレイ広告

 

まずは、広告名を入力します。

AdSense広告名

テキスト&ディスプレイ広告は、配置する部分(後ほど詳細に解説しますが、オススメの場所は初めの見出しの上・記事中盤・記事下)ごとに作成することをオススメします。

広告を分けておくことで、各広告のデータが取得できるので、収益が少しでも悪い部分の位置変更や広告変更などの判断基準になります。

 

次に、広告サイズはレスポンシブのままでOKです。

テキスト&ディスプレイ広告サイズ

 

あとは、特に触る部分はないので、一番下の保存してコードを取得をクリックします。

 

 

テキスト&ディスプレイ広告設定

 

広告のコードが発行されますので、それをメモ帳などにコピーしておいてください。

テキスト&ディスプレイ広告コード

 

レスポンシブのPC表示サイズを大きくする

レスポンシブは、スマホでは幅いっぱいに表示されますが

AdSenseスマホレスポンシブ広告

 

PCでは小さい広告が表示されます。

AdSensePCレスポンシブ1

 

なので、さらにクリック率を高めるために、PCでの広告表示を下記の画像のような大きさにしていきます。

AdSensePCレスポンシブをレクタングルに

 

下記は通常のコードを少しいじって、PCでの広告サイズを大きくしたものですので、そのままコピーしてもらい、自分の数字を入力部分を、取得したご自身のコードの数字と入れ替えて下さい。

<p style=”text-align: center;”>スポンサーリンク</p>
<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– レスポンシブ –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-自分の数字を入力
data-ad-slot=”自分の数字を入力
data-ad-format=”rectangle”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

 

広告を作成して間もないと、広告のステータスが新規となっていて、コードを貼り付けても空白になります。

AdSense広告ステータス

これは、しばらく待っていれば、表示されるようになります。

 

おすすめのAdSense広告位置

とおる
とおる
ここからは、僕がオススメするAdSense広告の配置部分について解説していきます!

 

オススメの位置は以下のとおりです。

1.初めの見出し上(リード文の下・目次があればその上)

リード文の下に配置されるので、キリがよく見られやすい。

AdSenseおすすめ配置見出し上

 

2.見出し2の上、もしくは見出し3の上(記事途中の真ん中あたり)

ここも、話の段落が落ちつく見出し2(ちょうどいい位置になければ見出し3でもOK)の上に配置する。

AdSenseおすすめ配置中盤

 

3.記事下

記事を読み終わったあと(目的を達成したと)に、広告があるとクリックされやすい。

AdSenseおすすめ配置記事下

 

4.SNSボタン表示の下

関連コンテンツユニットが開放されたら、テーマの関連記事の代わりに配置するのがオススメ。(テーマの関連記事を消したくないならそのままでもOK)

AdSenseおすすめ配置SNS下

 

AdSense広告の貼り方

とおる
とおる
最後に、僕のオススメしているsimplicity2とJINでの、アドセンス広告の貼り方について解説していきます!

貼り方は、お使いのテーマによって異なります。

テーマによっては、ウィジェットや広告を設置できる項目があり、簡単貼り付けることができます。

simplicity2のAdSense貼り方

初めの見出し上

ウィジェットエリア投稿本文中に、テキストウィジェットを追加して、テキストの方にAdSenseコードを挿入し保存します。

simplicity2見出し上1

 

記事途中の見出しの上&記事下

記事途中の入れ方と、記事下の自動挿入は、プラグインのWP QUADSを使用します。

WP QUADS設定&使い方!アドセンスを効果的な場所に挿入!どうも、高木です。 今回は、AdSenseを任意の場所に挿入できるプラグイン「WP QUADS」の設定と使い方について解説していきます。 AdSenseで、クリック率の高い場所に挿入するために必須のプラグインなので、導入して収益アップをさせましょう!...

 

SNS下(関連コンテンツユニット)

ウィジェットエリア投稿SNSボタン下に、テキストウィジェットを追加して、テキストの方にAdSenseコードを挿入し保存します。

simplicity2SNS下

 

simplicity2の関連記事を非表示にする

外観カスタマイズから

simplicity2関連記事削除

 

レイアウト(投稿・固定ページ)

simplicity2関連記事削除2

 

関連記事の表示のチェックを外せば、非表示にできます。

simplicity2関連記事削除3

 

JINでの貼り方

初めの見出し上

広告管理

JIN広告管理

 

最初の見出し2の上に表示される広告の、PC/スマホ両方にAdSenseコードを挿入します。

JIN広告管理見出しの上

 

記事途中の見出しの上&記事下

記事途中の貼り方と記事下の自動挿入は、プラグインのWP QUADSを使用します。

WP QUADS設定&使い方!アドセンスを効果的な場所に挿入!どうも、高木です。 今回は、AdSenseを任意の場所に挿入できるプラグイン「WP QUADS」の設定と使い方について解説していきます。 AdSenseで、クリック率の高い場所に挿入するために必須のプラグインなので、導入して収益アップをさせましょう!...

 

SNS下(関連コンテンツユニット)

広告管理の

JIN広告管理

 

関連コンテンツユニットに、AdSenseコードを挿入します。

JINで関連コンテンツユニット

 

JINの関連記事を非表示にする

外観カスタマイズから

simplicity2関連記事削除

 

記事のデザイン設定を選択し

JIN関連記事削除

 

一番下にある記事下の関連記事を非表示にするに、チェックを入れれば非表示にできます。

JIN関連記事削除2

 

まとめ

AdSenseの広告は、種類・サイズ・配置によってクリック率や収益が大きく変化します。

僕がオススメしている種類・サイズ・配置であれば、大きく収益が減るということはないと思いますし、むしろアップする可能性もあります。

ただ、自動広告にしろ、手動で設置するにしろ、ブログの状況によっては同じ結果が得られないこともありますので、常に広告のデータを意識して改善する意識を持っておきましょう!

ABOUT ME
高木とおる
人生を面白・可笑しく生きてます。 月間最高150万PV超え・1日16万PV超え 達成。日給8万円超え・月収60万超え達成。1ブログ770万円で売却成功。Lancersではシルバーランク。簡単なWordPressカスタマイズや画像制作、SEOライティング等を活かして副業系・求人系・投資系のライティング活動経験もあり。性格は温厚でかなりのマイペース。嫌なことは寝たら忘れるタイプ。食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。詳細なプロフィールはこちら
ブログノウハウを無料でプレゼント中!

0から数ヶ月で月間150万PV、月収60万円超、日給8万円達成し、770万円で売却に成功したブログの作り方や、稼ぐために必要なマインドなど全て手に入れて、あなたの人生を面白・可笑しくしていきましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。