MENU
「保護中」のコンテンツは近日中に開放していきます

WP Multibyte Patchの設定方法【日本語表示最適化WPプラグイン】

この記事を書いた人
とおる
とおる
  • エンタメ系ブログ最高150万PV超&当ブログ最高10万PV超。ブログ売却も含め1年で1ブログのみ8桁収益経験
  • ブログ運営・YouTube(1300人ほど)・Twitter運用代行・ライター・コンサルなど幅広く活動中
  • 趣味は「筋トレ」「食べ歩き」「ガジェット」「映画鑑賞」など
あなた

WP Multibyte Patchってどんなプラグイン?設定方法を知りたい!

こんな悩みを持つ方に、ぜひ読んでほしい記事です。

キャプション
  • WP Multibyte Patchの概要
  • WP Multibyte Patchの設定方法

設定はかなり簡単でサクッとマスターできるので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

WP Multibyte Patchとは?

WPは英語圏で開発されたシステムでしたが、日本語版が開発され、日本語表示に対して最適化されるように開発されたプラグインがWP Multibyte Patchです。

ちょっと小難しい話をすれば、日本語は基本的に多バイト文字(マルチバイト)であり、全角のひらがな・カタカナ・漢字は2バイト以上のデータで表示されます。

半角のカタカナや記号などは1バイト文字。

英語圏は基本的に半角の1バイト文字(シングルバイト)表示が多いので、日本語表示用に最適化された、まさに日本語版向けなプラグインというわけです。

頻繁に起こるわけではないのですが、不具合が起こる可能性を防いでくれます。

WP Multibyte Patchの役割

マルチバイト文字がどうのこうのと言われてもよく分からない!って人はその通りです(笑)

というのも、ぶっちゃけ普段WPを使用していて、こうして記事を書いている文には「マルチバイト文字」なんて全く意識もしないし、特に不具合がないのですから。

深くは掘り下げませんが、一応どんな役割を果たしているのかだけ簡単に解説しておきます。

文字化け防止 

文字数カウント正常化

ファイルアップロード時のマルチバイト文字変換バグ防止・・・etc…

ということで、まあ文字化け防止や誤認させないような役割ですね。

この他にも細かい役割を果たしてくれているので、さくっと設定しておきましょう!

WP Multibyte Patch設定方法

設定方法は至ってシンプルです。

このプラグインはただただ「有効化」するだけです!

有効化に関しては、下記の記事を参照して下さい。

お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる