WP Multibyte Patchの設定方法【日本語表示最適化WPプラグイン】

どうも、高木です。

今回のプラグインはWP Multibyte Patchというプラグインで、英語圏で作られたWPを日本語版で文字表示などをうまく表示してくれるものです。

設定等はかなり簡単なので、さくっとやっていきましょう!

WP Multibyte Patchとは?

WPは英語圏で開発されたシステムでしたが、日本語版が開発され、日本語表示に対して最適化されるように開発されたプラグインがWP Multibyte Patchです。

ちょっと小難しい話をすれば、日本語は基本的に多バイト文字(マルチバイト)であり、全角のひらがな・カタカナ・漢字は2バイト以上のデータで表示されます。

半角のカタカナや記号などは1バイト文字。

 

英語圏は基本的に半角の1バイト文字(シングルバイト)表示が多いので、日本語表示用に最適化された、まさに日本語版向けなプラグインというわけです。

頻繁に起こるわけではないのですが、不具合が起こる可能性を防いでくれます。

 

WP Multibyte Patchの役割

マルチバイト文字がどうのこうのと言われてもよく分からない!って人はその通りです(笑)

というのも、ぶっちゃけ普段WPを使用していて、こうして記事を書いている文には「マルチバイト文字」なんて全く意識もしないし、特に不具合がないのですから。

深くは掘り下げませんが、一応どんな役割を果たしているのかだけ簡単に解説しておきます。

文字化け防止 

文字数カウント正常化

ファイルアップロード時のマルチバイト文字変換バグ防止・・・etc…

ということで、まあ文字化け防止や誤認させないような役割ですね。

この他にも細かい役割を果たしてくれているので、さくっと設定しておきましょう!

 

WP Multibyte Patch設定方法

設定方法は至ってシンプルです。

このプラグインはただただ「有効化」するだけです!

有効化に関しては、下記の記事を参照して下さい。

ブログアフィリエイトに最適!おすすめプラグイン19選と導入方法

 

お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 、AdSenseにて月収60万円超、日給8万円超達成。さらに1ブログ770万で売却経験あり。
性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。
食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら