ブログで稼ぐ

ブログ記事のリライト時期や改善方法を解説【アクセスや成約率アップ】

ブログ記事のリライト方法
とおる
とおる
どうも、とおる(@toru_fukulog)です!

過去記事をリライトすることは、ブログ全体の底上げするのに必須です。

ブログを書き始めて、しばらく取り組んでいると記事数が増えて、知識や経験が蓄えられてきます。そして、それくらいの時期から記事が検索エンジンで評価され始めます。

この時期に過去記事をリライトしてみると、アクセスや成約率アップにつながる可能性があります。

ふくろー
ふくろー
この「ふくろぐ」もさ、カッスカスの過去記事まだあるよね?
とおる
とおる
・・・・・・・ある。頑張る!

今回の記事では

  • リライトする時期
  • リライトすべき記事
  • リライトする記事の改善方法

についてお話していきます。

リライトするだけでもブログの強さが底上げされるので、この機会に参考にしてもらってリライトを行っていきましょう!

リライトについて

ノートPC
ふくろー
ふくろー
リライトってなんや?アジカンの曲か?

って方のために、簡単に説明します。

リライトとは直訳すると「書き直す」って意味です。つまり過去の記事を書き直して、より良質な記事へと変貌させる目的で行います。

良質な記事になることで、これまで日の目を浴びなかったカッスカスの記事も、お天道様(Google)の恩恵(検索順位アップ)を受けられたり、成約率等がアップする可能性が高まります。

リライトする時期

いつ

リライトすると言っても、早急にやらなければいけないことじゃないです。時期に関しては、個人的には3ヶ月~半年ほどしてから行うのがいいと思っています。

なぜこの時期なのかと言えば

  • 記事は3ヶ月~半年後くらいに評価され始めることが多いので、3ヶ月以内でのリライトは状況的にオススメできない
  • この頃になるとアクセスやSEO対策の知識・経験が、徐々に蓄えられてレベルアップしているから

つまりこれくらいの時期にリライトすれば、より効果的に記事の質をあげてアクセスや成約率アップしていけるということです。もちろん、レベルアップのスピードは個人差がありますけど。

これくらいのスパンでうまくリライトを行っていけば、その都度ブログ全体が底上げされていき、アクセス増加にもつがっていく可能性が高いというわけです。

リライトする記事の選定基準と改善方法

レベルアップ

リライトと言っても、すべての記事をリライトしていたら時間がかなり掛かるので、ある程度の優先順位をつけて行います。人によって優先順位は様々ですが、今回は3つの方法をご紹介します。

1.流入がある上位2割の記事

とおる
とおる
初心者でも比較的取り組みやすいのは、この方法です!

全くアクセスがない記事を優先するよりは、すでにある程度の順位にある記事をリライトして伸ばしていくほうが効率がいいです。ブログでアクセスがある記事の上位2割を見てリライトするか判断しましょう。

この2割というのは、パレートの法則が関わっています。

パレートの法則とは?

上位2割が全体の8割ほどを担っている法則

ブログでも大体は上位2割の記事でアクセスの8~9割ほどを占めていることが多いです。

実際に「ふくろぐ」では日々のアクセス数に対してアクセス数の8割は、アクセスがある記事数の2割程度でした。これを確認するにはJetpackの統計情報や、アナリティクスを見るといいですね。

改善方法

選定しているキーワードで検索して、あなたの記事よりも上位表示されている記事の内容を分析します。

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • 記事構成

などをよく見て、あなたの記事に足りない部分を追加して様子をみましょう。

さらに、もっとオリジナルの内容が盛り込めないか再検討して、記事をリライトしていきましょう。

 追加する際には、あくまで参考にするだけにしましょう。

2.メインの収益源なのに成約率が低い記事

とおる
とおる
特化や雑記ブログでは、成約率の高いレビュー記事等を書くことにより、それがメインの収益源になりますが・・・

そんなメインの収益源の成約率が低いままなら、リライトは必然です。

レビュー記事では商品やサービス名などの商標ワードを使いますが、成約率が10%以上あれば合格ラインと言われています。これを下回っているようなら改善していきましょう。

改善方法

こちらも自分よりも上位表示している記事を参考にして

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • 記事構成
  • 広告の種類・数・位置

など足りない部分を補っていきましょう。成約率アップのためには内容もさることながら、広告の種類や数、位置によっても左右されます。

3.Search Consoleのデータから判断する

とおる
とおる
この方法は、より詳細にリライト記事を選定・改善していけます。クロネさんのブログにゆこさんが寄稿された記事内容を、僕個人のメモ代わりとして書いています。内容はほとんど同じなのでご了承下さい!

 

今回の方法はGoogle Search Consoleで、記事の掲載順位やCTR等を見て判断していきます。

とおる
とおる
まだ登録してない方は、ブロガーには必須なので登録しておきましょう!
Search Console登録&サイトマップ作成
Google Search Consoleの登録方法&サイトマップ解説!どうも、高木です。 今回は「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」の登録方法と、簡単にどんなことに使うのか、さらにサイトマップの解説をします。 サーチコンソールは、ブログを運営する上ではお世話になるので、さくっと登録やサイトマップ送信方法を把握しておきましょう!...
新しいSearch Console使い方と見方
新しいSearch Console【2019年版】の使い方と見方&分析はコレだけ!今回は、新しいSearch Console【2019年版】の使い方について、初心者でも分かりやすく解説します!特に、どこを見るべきなのか分からない方は、見るべきポイントを絞ったオススメの見方、簡単な分析方法をご紹介していますので、参考にしてみて下さい!...

事前準備

検索パフォーマンスに飛んだら、CTR(クリック率)と掲載順位をそれぞれクリックしましょう。(色が変わります)

サチコ2

 

そうすると、下の部分に項目が出てきます。

サチコ3

これで優先的にリライトする記事を選定する準備が整いましたので、早速リライト候補記事を探していきましょう。優先的に行うべき記事と改善方法は以下のとおりです。

掲載順位は高いけどCTRが低い記事

掲載順位を高い方に並べ替えます。(並べ替えの際は項目をクリックすればOK)

掲載順位
掲載順位が高いのにCTRが低い要因
  • タイトルがやディスクリプションに魅力がない
  • ユーザーの求めている検索意図とズレている
改善方法

狙っているキーワードで検索し、上位表示されている記事のタイトルやディスクリプションを参考(コピペはもちろんNG)にしたり、検索意図をもう一度見直してみる。

掲載順位は高いけど表示回数が少ない

こちらも掲載順位を高い方に並べます。

掲載順位は高いけど表示回数が少ない要因

狙っているキーワードの検索ボリュームが少ない

改善方法

リライトしたい記事単位のクエリ(検索されているキーワード)を表示させて、表示回数が多いクエリをタイトル・ディスクリプション・見出し・本文等に追加してみましょう。

ページ単位のクエリを確認するには

フィルター新規ページ記事URL貼り付け

で実際に検索されているクエリが出てきます。

表示回数順(多い方)に並べ替えて選定しましょう。あと、同じ意味でも表示回数が多いクエリがあれば入れ替えてみるのもありです。

掲載順位は低いけど表示回数が多い

表示回数を多い方の表示に並べ替えます。

掲載順位が低いけど表示回数が多い要因
  • 上位表示されている記事に不満がある
  • 複数の記事から情報を得ようとしている
改善方法

上位表示されている記事に求めている情報がない可能性があり、検索下位の記事まで見ている可能性があります。なので上位表示されている記事の内容を参考に、足りない情報を入れてあげるといいでしょう。

掲載順位は低いけどCTRと表示回数がボチボチある記事

表示回数を多い方の順に並べ替えます。

掲載順位は低いけどCTRと表示回数がボチボチある要因

上位表示されている記事に満足できず下位まで見に来ている

改善方法

上位表示されている記事を分析して、再度、タイトルやディスクリプション等の見直し、あなたの記事に足りない内容を追加していきましょう。内容が充実すれば上位に上がって、さらにアクセスアップできるようになります。

その他に行うべきリライト方法

SEO強化

上記で挙げてきたリライト方法以外にも、意識したほうがいい改善方法があります。

内部リンクを改めて見直す

とおる
とおる
リライトする頃には、関連記事もある程度増えている可能性があり、内部リンクで関連する記事を設置することで、ブログ内の回遊性が増します!

例えば、今は内部リンクの内容を書いているので、下記のように内部リンクに関する記事を、その話題が書かれている部分に貼っておくと見られる可能性が高くなります。

内部リンクの効果と貼り方
内部リンクの効果と貼り方!記事内に設置する際のオススメ位置を解説!今回は、PV数アップさせたい方向けに、記事内における内部リンクの効果とオススメな貼り方についてサクッと解説していきます! この記事を見ることによって、ブログ内の回遊性がアップして、他の記事のPV数と収益アップも期待できるようになるので、参考にしてみてくださいね!...

内部リンクを最適化することは、ブログ全体の底上げにもつながりますので、リライトの際に一緒にやっておくことをオススメします。

古い情報を最新にする

とおる
とおる
トレンド要素の強い記事に関しては、リライトする頃には情報が古くなっている可能性が高いです!

そのまま古い情報を載せていても記事の質が落ちるので、新たな情報があれば追記しておきましょう。追記する際には、追記する日付を一緒に書いておくといいです。

さらに、記事の更新日を表示できる人は表示できるよう設定しておくと、更新日が新しい日付として検索エンジンも表示されるので、最新の情報を探している人からのクリック率も上がりやすくなります。

リライトに値しない記事は思い切って削除する

捨てる

時間が有り余っているなら、全ての記事をリライトしていってもいいです。ただし、その時限りのトレンド性があったり、リライトしても収益性が見込めない場合は、割り切って削除という選択肢もあります。

見込みのない記事に対して、時間を割くことほど無駄なことはありません。削除すると404エラー(ページを削除した時に出るエラー)が出ますが、これはSEOには影響しないことはGoogleの中の人も言っているので安心して下さい。

過去記事のリライトでブログを底上げしよう

今回のまとめ
  • リライト時期は記事を書いてから3ヶ月~6ヶ月後くらい
  • リライトする記事の基準は以下の3つ
    ①アクセスのある記事の上位2割の記事
    ②メインの収益源なのに成約率が低い記事
    ③Search Consoleのデータから判断する
  • リライトの改善方法は、上位表示されている記事やSearch Consoleを参考にする
  • リライトに値しない記事は思い切って削除

リライトするということは、過去記事の質をよりアップさせることになるので、ブログ全体の底上げにつながります。

記事が検索エンジンで評価され始める頃でもあり、あなたが真面目にブログを書いていれば知識や経験も増えてくる頃です。

これまで日の目を見なかった記事が検索上位に表示されたり、成約率がアップする可能性も十分にあるので、リライトは定期的にやることをオススメします!

ABOUT ME
とおる
人生を面白・可笑しく生きてます。 月間最高150万PV超え・1日16万PV超え 達成。日給8万円超え・月収60万超え達成。1ブログ770万円で売却成功。簡単なWordPressカスタマイズや画像制作、SEOライティング等を活かして副業系・求人系・投資系のライティング経験もあり。性格は温厚でかなりのマイペース。嫌なことは寝たら忘れるタイプ。食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。詳細なプロフィールはこちら
ブログノウハウを無料でプレゼント中!

0から数ヶ月で月間150万PV、月収60万円超、日給8万円達成し、770万円で売却に成功したブログの作り方や、稼ぐために必要なマインドなど全て手に入れて、あなたの人生を面白・可笑しくしていきましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。