MENU
「保護中」のコンテンツは近日中に開放していきます

【構成あり】ブログ記事のリード文の書き方!初心者が意識すべきポイント!

あなた

ブログ記事の冒頭に書くリード文ってどうやって書けばいいの?構成やポイントがあれば知りたい!

こんな悩みを持つ方に、ぜひ読んでほしい記事です。

ブログ記事のリード文は今まさに読んでいる部分で、この部分が適切じゃないとユーザーが記事を読んでくれる可能性が下がってしまいます。

ですから、今回ご紹介するような構成のリード文は大切です。

この記事で分かること
  • おすすめなリード文構成
  • リード文を書く時に意識してほしいポイント

ご紹介するリード文の構成や書き方を活用することで、ユーザーを記事本文へと誘導しやすくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
とおる
とおる
  • エンタメ系ブログ最高150万PV超&当ブログ最高10万PV超。ブログ売却も含め1年で1ブログのみ8桁収益経験
  • ブログ運営・YouTube(1300人ほど)・Twitter運用代行・ライター・コンサルなど幅広く活動中
  • 趣味は「筋トレ」「食べ歩き」「ガジェット」「映画鑑賞」など
目次

リード文はユーザーに興味を持ってもらう部分

握手
とおる

リード文はユーザーが一番始めに目にする部分であり、その部分で記事が読まれるのか7割が決まると言われています。

リード文次第では、記事の滞在時間や直帰率が良くも悪くも大きく変化するということです

特に初心者の方は「何を書いていいのかわからん!」という方が多く、好きな内容を書いてしまいがち。

今回ご紹介するポイントを意識することで、さらにリード文が洗練されます。

ブログ記事で意識したいリード文構成

サイト

僕が意識しているリード文構成は下記のとおりです。

おすすめのリード文構成
  1. 読者の共感
  2. 悩みが解決することの強調
  3. 問題提起と解決策提示
  4. 記事の要約
  5. 記事を読むことで得られる未来

それぞれ解説していきます。

1.読者の共感

リード文を見た時に「ああ、この記事は今の自分向けの記事だ」と共感できる部分があれば、ユーザーは読んでくれやすくなります。

当記事ではこの部分
あなた

ブログ記事の冒頭に書くリード文ってどうやって書けばいいの?構成やポイントがあれば知りたい!

僕がよく意識しているのは「過去の自分と重なる状況を思い出して、思っていた心の声を書く」ということ。

過去に困った時の思いや状況を文章として表現することで、共感できる文章が書けるようになります。

ネット上には同じような悩みを抱えている方がいるので、そういった方の意見などをも見てみると参考になります。

2.悩みが解決することの強調

読者の共感を書いたら、その悩みが「解決するかもしれない」と思わせる一文を加えます。

当記事ではこの部分

こんな悩みを持つ方に、ぜひ読んでほしい記事です。

他には「このような悩みを、当記事で解決します」のような、硬い感じの表現などもあります。

3.問題提起と解決策提示

今の悩みを放置することのデメリットを書くことで「記事を読まないといけない」という危機感を持たせます

デメリットを書いたら、解決策があるという文も書いて、さらに誘導させます。

当記事ではこの部分

ブログ記事のリード文は、今まさに読んでいる部分で、この部分が適切じゃないとユーザーが記事を読んでくれる可能性が下がってしまいます。

ですから、今回ご紹介するような構成のリード文は大切です。

この部分は状況によって変化させていますが、基本的にはこの使い方でOKです。

4.記事の要約

ここまでで「自分にとって、この記事を読まないとでメリットがあるから、読まないといけない」という心境です。

そして、この記事で分かることを要約しておき「知りたい内容がある」とアピールします。

当記事ではこの部分
この記事で分かること
  • おすすめなリード文構成
  • リード文を書く時に意識してほしいポイント

目次と内容がかぶりがちなので、少し表現を変えて書くのがコツです。

5.記事を読むことで得られる未来

最後に、記事を読むことで得られる「未来(ベネフィット)」を提示します。

「この記事を読めば自分のプラスになる」と認識させ、本文へ誘導させます。

当記事ではこの部分

ご紹介するリード文の構成や書き方をうまく活用することで、ユーザーを記事本文へと誘導しやすくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ここまで書けば、本文への誘導はしやすくなっているはずなので、参考にしてみてください。

今回の構成は個人的に効果があると思っているものです。この構成が全てのブログで100%効果があるという訳ではないので、反応が悪ければ表現や構成を変更して様子見しましょう。

リード文を書く際のポイント

Review

リード文を書く際に意識してほしいポイントを解説します。

長文を書かない

これまでに僕が添削さて頂いた方の中にも、ごく少数ですがリード文が本文とは関係のない文章で長い方がいました。

リード文が長文になってしまうと、記事に入る前に離脱される可能性が高くなることです。

検索してくるユーザーの多くは、検索したキーワードに対する答えを求めています。

あなたの関係ない雑談に興味があるわけではありません。

なので、リード文はシンプルに記事を読むことの必要性を記載しましょう。

キーワードを散りばめる

リード文にはタイトルに含んだキーワードを散りばめて書いていきましょう。

こうすることでユーザーに検索したキーワードを改めて主張できます。

何気なく読んでいる時もキーワードを適度に散りばめていれば、より意識されやすくなります。

リード文だけではなく、記事内にキーワードを適度に散りばめるのはSEO対策の基本なので意識しておきましょう。

キーワード数に関しては、意見が分かれているため具体的な数字が分からない現状です。明らかにキーワードだらけにならない程度で、自然に文章を書いて入るくらいであれば問題ないです。

リード文の構成を意識して誘導しよう

今回のまとめ
  • リード文はユーザーを本文へ誘導させる第一歩
  • オススメのリード文構成
    1. 読者の共感
    2. 悩みが解決することの強調
    3. 問題提起と解決策提示
    4. 記事の要約
    5. 記事を読むことで得られる未来
  • 長文を書かずキーワードを適宜入れる

リード文は記事本文をユーザーにアピールするための、重要な役割を持っている部分です。

リード文で約7割ほど読んでもらえるのか決まってくると言われています。

今回のポイントを意識して最適化すれば、SEO効果や収益にも貢献してくれるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる