おすすめツール・ソフト

キーワードプランナーの使い方とチェックすべき検索ボリューム目安!

キーワードプランナー使い方と検索ボリュームの目安

どうも、高木(@toru_fukulog)です。

今回は、キーワード検索ボリュームが見られる2019年版のキーワードプランナーについて、その使い方から、どのくらいの検索ボリュームのキーワードを選定すべきなのか、目安も解説します!

特に、立ち上げたばかりのブログだったり、ロングテールネタを仕込む時だったり、特化ブログを作る際にもかなり役立つので、ぜひ効率よくアクセスを集めるためにも活用してください!

キーワードプランナーのアカウント登録

 

とおる
とおる
キーワードプランナーは、Google広告(旧AdWords)が無料提供している、キーワードの検索ボリュームが分かるツールで、使い方は至って簡単なのでサクッと覚えていきましょう!

始めて利用する方は、Google広告のアカウントを作成していきますので、キーワードプランナー公式ページで、取得したGoogleアカウントでログインしていきます。

 

ログインしたら下記のページに飛びますので、ウェブサイトでの商品購入や申込みを増やす→目標を選択をクリックします。

キーワードプランナー登録

 

ビジネスの名前にはブログ名を、ウェブサイトにはブログURLを入力し、次へ

キーワードプランナー登録1

 

所在地に関しては、特に何もせずにそのまま次へ

キーワードプランナー登録2

 

こちらでは、すでに業種の候補が出ている方は、そのまま次へ

出ていない方は、ブロガーやWordPressだったり、関連するジャンルのキーワードなどを入力して次へ

キーワードプランナー登録3

 

次に広告を作成していきますが、広告は作成後にすぐ止められるので安心して下さい。

広告見出しは「!」「?」「、」「。」など使えず、全角で15文字までとなっていて、説明文は「!」は使えて、全角で45文字までとなっています。

入力したら、次へ

キーワードプランナー登録4

 

画像の追加は特に必要ないので、次へ

キーワードプランナー登録5

 

広告の予算を設定していきます。

ここでは、人によって予算の最少額(赤文字)が違いますが、表示されている金額よりも1円多い金額を入力しないと、先に進めないので入力します。

キーワードプランナー登録6

 

入力したら、次へ

キーワードプランナー登録7

 

下の方にスクロールして、次へ

キーワードプランナー登録8

 

お支払い方法の確認ページになりますので、下の方にスクロールしてもらって、アカウントの種類を法人の方であればビジネスのままで、個人の方であれば個人に変更します。

ビジネスと記載されている部分を2回クリックすると、ビジネスと個人を変更できるようになります。

キーワードプランナー登録9

 

名前と住所の部分をクリックして、住所を入力していきましょう。

キーワードプランナー登録10

 

お支払いタイプは自動支払いのままで、カード情報をカードの詳細をクリックして、入力していきます。

キーワードプランナー登録11

 

利用規約部分のチェックを入れて、送信します。

キーワードプランナー登録12

 

これで、キャンペーン(広告)の設定が完了しましたので、キャンペーンを確認をクリックします。

キーワードプランナー登録13

 

作成したキャンペーンが有効になっているので、有効の右にある▼をクリックして

キーワードプランナー登録14

 

キャンペーンを一時停止するをクリックして

キーワードプランナー登録15

 

キャンペーンを一時停止すれば、広告の掲載がストップするので、これで広告費が発生しなくなり、キーワードプランナーが使えるようになります。

キーワードプランナー登録16

 

停止したあとは下記の画面が出ますが、×で閉じてOKです。

キーワードプランナー登録17

 

キーワードプランナーの使い方

とおる
とおる
それでは、早速キーワードプランナーを使っていきましょう!

右上のツールから、キーワードプランナーを選択します。

キーワードプランナー使い方

 

こんな画面が出ますので、キーワードプランナーに移動をクリックします。

キーワードプランナー使い方1

 

こちらがキーワードプランナーのホーム画面になるので、このページをブックマークしておきましょう。

そして、新しいキーワードを見つけるをクリックします。

キーワードプランナー使い方2

 

そして、検索ボリュームや他に関連するキーワードがないか調べたい(書きたい記事の)ので、気になるキーワードを入力します。

今回は「ブログ 初心者」というメインと関連キーワードで、他にも使えそうなキーワードがないか調べてみます。

キーワードプランナー使い方3

 

「ブログ 初心者」に関連するキーワード候補と共に、月間平均検索ボリュームを見ることができます。

キーワードプランナー使い方4

 

ただ、今回は「ブログ 初心者」を含んでいて、他に関連するキーワードと検索ボリュームを調べたいので、まずは候補を絞っていきます。

フィルタを追加をクリックします。

キーワードプランナー使い方6

 

キーワードのテキストを選択します。

キーワードプランナー使い方7

 

「ブログ 初心者」というキーワードを含む候補を絞りたいので、次を含むのままで「ブログ 初心者」のキーワードを入力して、適用します。

キーワードプランナー使い方8

 

次に、月間平均検索ボリュームを、上から多い順に並べ替えますので、月間平均検索ボリューム部分をクリックします。

キーワードプランナー使い方9

 

そうすると、関連するキーワードを含むキーワードが、月間平均検索ボリュームの多い順に並び替えられました。

ここから、使えそうなキーワードの組み合わせを選定していきます。

 

目安となる月間平均検索ボリュームをチェック

とおる
とおる
検索ボリュームがなぜ重要なのかと言えば、自分のブログの強さで戦える検索ボリュームをより正確に把握することで、アクセスを集めやすくするためです!

検索ボリュームがどれくらいなら上位表示させられやすいのか、下記を目安にしてみましょう。

目安に関しては、僕の経験上で体感した数字になります。

 

立ち上げたばかりの弱小ブログや特化ブログの目安(基本戦略)

まず基本として、検索ボリュームの少ない市場から攻めていくのが、効率よくアクセスを集められることを覚えておいて下さい。

狙うキーワードの検索ボリューム目安として、立ち上げたばかりの弱小ブログや特化ブログであれば、1記事あたりの合計を500~1000ほどにしましょう。

僕の感覚では、これ以上少ないとアクセスが少なすぎたり、多くなるとライバルが増えて上位表示させにくくなります。

最低限のボリュームを確保しつつ、ライバルの少ない市場から狙っていく基本戦略です。

 

「ブログ 初心者」というキーワードで、タイトルを作成しようとした場合に、検索ボリュームを調べてみると

  • ブログ 稼ぐ 初心者 100~1000
  • ブログ アフィリエイト 初心者 100~1000
  • ブログ 初心者 おすすめ 100~1000

という組み合わせが見つかりました。

 

最低の合計が300で最大の合計が3000という検索ボリュームなので、最大では2000ほど目安から多くなってしましますが、もちろん全てが1000とは限らず、少ない場合の可能性も全然あるので、これくらいであれば僕なら書きます。

その代わり、検索ボリュームが多いものと仮定して、記事の質とボリュームをしっかりと出していきます。

 

アクセスが増えてきた場合の目安

アクセス数が増えて来た場合(月間数万~)、最大でブログの月間アクセス数と同等の検索ボリューム数である、キーワードの組み合わせも狙ってみましょう。

月間でアクセス数30000のブログであれば、キーワードを組み合わせた月間検索ボリュームは同等程度の30000くらいで組み合わせてみる、ということです。

いきなり、がっつりとアクセスが来ることはそうそうありませんので、基本戦略を行いつつ狙っていく形になります。

 

そしてタイトルは、下記のように作成します。

「ブログ初心者でもアフィリエイトで稼ぐおすすめの方法を解説します!」

タイトルはなるべく並び順序通りに並べるのが理想ですが、あまりにも不自然なタイトルになるようなら、自然になるように並び替えましょう。

 

ただ、今回ご紹介した検索ボリュームは検索されている数というだけなので、必ずしもそのボリュームとアクセス数が一致するわけではないので、誤解のないように。

でも、検索ボリュームが多いキーワードで上位表示されれば、その分クリックされやすくなるので、アクセス数が増えることは間違いありません。

 

検索ボリュームを詳細表示させるには?

とおる
とおる
ブログを育てていくにあたり、狙ったキーワードの詳細な検索ボリュームを知ることは、自分のブログに効率よくアクセスを集めるためには重要な要素です!

ですが、デフォルトのキーワードプランナーではかなり曖昧なボリュームしか表示されません・・・

曖昧すぎるが故に、本当のそのキーワードを使用していいのかの判断が付きにくく、目安のボーダーを軽く超えて記事を書いてしまい、アクセスがなかなか来なくなることも考えられます。

検索ボリュームが詳細に分かれば、今の自分のブログの状況から見て、狙いたいキーワードの検索ボリュームを見て、これくらいなら上位表示できそうだなと判断していけます。

 

検索ボリュームを詳細表示させるための方法については、下記の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

キーワードプランナーの検索ボリュームを詳細表示
キーワードプランナーの検索ボリュームを約200円で詳細表示!どうも、高木(@toru_fukulog)です。 今回は、キーワードプランナーで検索ボリュームを、約200円ほど(場合によってはも...

 

ーワードプランナーにないキーワードを見つける

とおる
とおる
キーワードプランナーでは、実際に検索されているキーワードでも、表示されないことがあります!

このキーワードは、アクセスを呼び込める「お宝キーワード」になりうる可能性もあるので、ぜひ今回の方法も活用して、よりキーワードを選定できるようになりましょう。

 

方法とは、外部のキーワード検索ツールで、関連キーワード一覧をコピーして、それをキーワードプランナーで、検索ボリュームを調べるというものです。

キーワードプランナーでは出てこないキーワードも、外部のキーワード検索ツールで探すと見つかる場合があるので、それが狙える検索ボリュームなら、当然狙わなければ損ですよね。

 

今回は、goodkeywordで関連キーワードの一覧を取得します。

調べたいキーワードで検索してもらって、表示されたキーワードを全てコピーの部分をクリックして、キーワード一覧をコピーします。

キーワードプランナー使い方10

 

そして、キーワードプランナーのホームに戻り、検索のボリュームと予測のデータを確認するを選択します。

キーワードプランナー使い方11

 

コピーしたキーワードを貼り付けたら、開始するをクリックします。

キーワードプランナー使い方12

 

過去の指標へ移動します。

キーワードプランナー使い方13

 

月間平均検索ボリュームを多い順に並び替えてみると、キーワードプランナーでは出てこなかった「ブログ 初心者 pv」という、100~1000のちょうどいい検索ボリュームのキーワードの組み合わせを見つけることができました。

キーワードプランナー使い方14

 

こんな感じで、キーワードによってはキーワードプランナーには出てこないけど、ちゃんと検索ボリュームがあるキーワードが発掘できる可能性があるので、ぜひ活用して記事作成に役立ててください。

 

まとめ

キーワードプランナーを活用することで、より効率よくアクセスを集めるためのキーワード選定ができるようになります。

僕なりの目安も参考にしながら、ご自身のブログの状況を考えて、タイトルを作成して記事をどんどん書いていきましょう。

特に、弱小ブログであったり、特化ブログの場合には、検索ボリュームの小さい市場から検索上位を狙っていき、徐々にブログを強化していくという戦略が有効なので、検索ボリュームを意識していくといいですね。

ABOUT ME
高木とおる
人生を面白・可笑しく生きてます。 月間最高150万PV超え・1日16万PV超え 達成。日給8万円超え・月収60万超え達成。1ブログ770万円で売却成功。Lancersではシルバーランク。簡単なWordPressカスタマイズや画像制作、SEOライティング等を活かして副業系・求人系・投資系のライティング活動経験もあり。性格は温厚でかなりのマイペース。嫌なことは寝たら忘れるタイプ。食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。詳細なプロフィールはこちら
ブログノウハウを無料でプレゼント中!

0から数ヶ月で月間150万PV、月収60万円超、日給8万円達成し、770万円で売却に成功したブログの作り方や、稼ぐために必要なマインドなど全て手に入れて、あなたの人生を面白・可笑しくしていきましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。