MENU
「保護中」のコンテンツは近日中に開放していきます

WordPressグローバル(ヘッダー)&フッターメニュー設定解説!

WordPressグローバル( ヘッダー)&フッターメニュー設定解説!
あなた

ブログのグローバル(ヘッダー)メニューやフッターメニューって、なにを追加すればいいの?WordPressの設定方法も知りたい!

こんな悩みを持つ方に、ぜひ読んでほしい記事です。

グローバル(ヘッダー)やフッターメニューを活用しないと、ブログのSEO効果が薄れてしまいます。

この記事で分かること
  • グローバル(ヘッダー)&フッターに追加したいメニュー
  • WordPressのグローバル(ヘッダー)&フッターメニュー設定方法

初心者でも設定は簡単にでき、ユーザビリティをアップさせるのに有効なので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
とおる
とおる
  • エンタメ系ブログ最高150万PV超&当ブログ最高10万PV超。ブログ売却も含め1年で1ブログのみ8桁収益経験
  • ブログ運営・YouTube(1600人ほど)・Twitter運用代行・ライター・コンサルなど幅広く活動中
  • 趣味は「筋トレ」「食べ歩き」「ガジェット」「映画鑑賞」など
目次

WordPressグローバル(ヘッダー)&フッターメニューについて

ヘッダー&フッター
とおる

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニューは、ユーザーの利便性や自身のコンテンツに関心を持ってもらうのが目的!

まずは、グローバル(ヘッダー)メニューについてですが、ブログ上部のメニュー部分です。ヘッダーに設置されているので、ヘッダーメニューとも言います。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置

グローバルメニューに設置するのは、以下のパターンが多いです。

グローバルメニュー例
  • プロフィールやブログ説明などのコンテンツ(自分のプロフィールページやブログの説明ページなど)
  • そのブログで一押ししたい記事やカテゴリーやサービス(メルマガや読んでもらいたい記事やカテゴリーなど)
  • ユーザーにとって利便性のあるコンテンツ(ホームやお問い合わせやサイトマップなど)

グローバルメニューは、基本的にどのページを見ても常に表示されています(スマホではメニュー部分をタップしないと出ない設定もある)。ですから、上記のようなパターンで揃えるとユーザーにとっても利便性が増しますし、アピールしたいコンテンツも見てもらえやすくなります。

続いてフッターメニューですが、ブログの最下部にある小さいメニューです。基本的に必要最低限のメニューでOKです。

フッターメニュー例
  • ユーザーにとって利便性のあるコンテンツ(ホーム・お問い合わせなど)
  • 必要だけど目立たせる必要がないメニュー(プライバシーポリシー・免責事項など)

あとはサイドバーやフッターエリア(ウィジェットを設置できる部分)に「最新記事・人気記事・カテゴリー」などを設置して、ユーザビリティ対策すればOKです。

WordPressでグローバル(ヘッダー)&フッターメニューの設定方法

今回は、無料のWordPressテーマ「simplicity2」を例として、メニュー設定してきます。

グローバルメニュー設定方法

まずは、グローバルメニューの設定をしていきます。simplicity2はデフォルトの状態で「サイトマップ」「プライバシーポリシー」が設置されていますが、これは新規にメニューを作成することで消えます。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置4

ダッシュボードの、外観からメニューをクリックします。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置6

メニュー名を入力する欄に、分かりやすい名前を付けます。

今回はグローバルメニューなので、そのまま付けました。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置7

右端にある、メニューを作成をクリックします。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置8

次にメニューに追加する項目を選択します。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置10

メニューに追加できる項目は、以下のとおりです。

メニューに追加できる項目
  • 固定ページ
  • 投稿(個別ページ)
  • カスタムリンク(内部や外部のリンク)
  • カテゴリー

まずは、固定ページの「プライバシーポリシー」「サイトマップ」を追加してみます。それぞれにチェックを入れたら、メニューに追加をクリックします。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置11

これで、メニューに固定ページが追加されました。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置12

次に「ホーム」を追加してみます。ホームはカスタムリンクから、URLにトップページのリンクを入力し、リンク文字列にはホームと入力して、メニューに追加をクリックします。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置13

これでホームも追加されました。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置14

投稿やカテゴリーも同じ要領で、追加できます。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置15

これで、メニューの追加はできました!

メニューの順番を入れ替えたい時は?

メニューは追加できても、追加した順番に追加されるので、考えて追加しないと順番がバラバラになります。そんな時は、入れ替えたいメニューを左クリックしたまま、移動させれば入れ替えが可能です。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置16

続いて、下にあるメニュー設定を行います。固定ページを自動追加(固定ページを新規公開する度に、自動で追加する機能)は無視して、メニューの位置ヘッダーナビにチェックを入れます。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置17

最後に、右端のメニューを保存をクリックして完了です。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置18

これでグローバルメニューの設置が完了しました!ブログのトップページを更新して、追加されているか確認してみて下さい。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置19

フッターメニュー設定方法

simplicity2のフッターは、デフォルトのままだと何も表示されていませんので、ここに追加していきます。

とおる

フッターメニューの設定方法ですが、新規作成から途中までグローバルメニューと同じ要領なので、設定が違う部分から説明します!

新規作成からメニューの追加まで行ったら、メニュー設定のメニューの位置を、フッターナビにチェックを入れます。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置20

そして、最後に右端のメニューを保存して完了です!

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置18

ブログを更新してみると、最下部にフッターメニューが出ています。

グローバル(ヘッダー)メニューとフッターメニュー設置21

これで、グローバルメニューとフッターメニューの設定が完了しました!

まとめ

グローバルメニューとフッターメニューは、ユーザーの利便性、ブログで一押ししたいコンテンツをアピールするのに有効です。

フッターメニューに関しては、サイドバーやフッターエリアの存在から、必要最低限のメニューのみでOKです。

こうした、細かい部分でもユーザーのことを考えて設定していくと、少しずつブログ内の回遊率や滞在率アップにつながるので、意識していきましょう!

WordPressグローバル( ヘッダー)&フッターメニュー設定解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる