WordPress

Google XML Sitemaps設定方法!クローラー用を自動生成!

Google XML Sitemapsの設定方法

どうも、高木です。

今回はWordPressプラグインのGoogle XML Sitemapsの設定方法を解説します!

クローラー用のサイトマップを、自動生成してくれる便利なプラグインです!

動画解説

Google XML Sitemapsの役割

Google XML Sitemapsは、クローラー用のサイトマップを自動生成してくれる非常に便利なプラグインです。

サイトマップとクローラー

検索結果に反映されるためには、クローラーというGoogleのプログラムにブログへ来てもらい、記事などのコンテンツ情報を収集してもらう必要があります。

その時に、クローラー用のサイトマップ(ブログにどんなコンテンツがあるのかの目次みたいなもの)が生成されていれば、クローラーは効率よくブログ内の情報収集できるので、SEO強化が期待できます。

 

クローラー用のサイトマップは、複雑なので生成するのにも面倒ですし、通常は手動で記事更新ごとに生成する必要があり、かなり面倒くさいことに・・・

これを自動生成してくれるのがGoogle XML Sitemapsというわけです。

とおる
とおる
プラグインって便利ですよね~

Google XML Sitemapsの設定方法

まずはWordPressのダッシュボードから、プラグイン新規追加をクリックします。

Google XML Sitemapsの設定方法1

 

検索バーにGoogle XML Sitemapsと入力します。

Google XML Sitemapsの設定方法2

 

見つけたらインストールして有効化します。

Google XML Sitemapsの設定方法3

 

ダッシュボードに戻り、設定XML-Sitemapをクリックします。

Google XML Sitemapsの設定方法4

 

初めに設定する部分は、投稿の優先順位コメント優先順位を自動的に計算しないに変更します。

Google XML Sitemapsの設定方法5

 

次にSitemapコンテンツのチェック部分を、固定ページからカテゴリーページへ変更します。

固定ページよりもカテゴリーページの方が、アクセスを集めやすいキーワードが使用されるので、クローラーにはアピールした方がいいです。

Google XML Sitemapsの設定方法6

 

Excluded Itemsでは、特定のカテゴリーをサイトマップに含めたくない時に、チェックすることで除外することができます。

特別な事情がない限りは、そのままでOKです。

Google XML Sitemapsの設定方法8

 

Change Frequenciesでは、クローラーの巡回頻度を設定できます。(ここでの設定はあくまで目安程度です)

重要なのは、ホームページ・投稿(個別記事)・カテゴリー別なので、それぞれの更新頻度を高めておきましょう。

僕は下記のように設定していますので、参考にして下さい。

Google XML Sitemapsの設定方法9

 

最後に優先順位の設定を、それぞれ数値で設定していきます。

ここでも、ホームページ・投稿(個別記事)・カテゴリー別が重要なので、数値を高めに設定しておきましょう。

僕は下記のように設定していますので、参考までに。

Google XML Sitemapsの設定方法10

 

全て設定し終えたら、忘れずに一番下の設定を更新をクリックして完了です!

Google XML Sitemapsの設定方法11

まとめ

Google XML Sitemapsはクローラーに、ブログ内のコンテンツを知ってもらうために必須のプラグインになります。

サイトマップがうまく作用しないと、SEOにも影響が出ますので、今回ご紹介した設定を最後まで行ってもらい、活用してみてください。

設定自体は簡単なので、サクッとやってみましょう!

ABOUT ME
高木とおる
人生を面白・可笑しく生きてます。 月間最高150万PV超え・1日16万PV超え 達成。日給8万円超え・月収60万超え達成。1ブログ770万円で売却成功。Lancersではシルバーランク。簡単なWordPressカスタマイズや画像制作、SEOライティング等を活かして副業系・求人系・投資系のライティング活動経験もあり。性格は温厚でかなりのマイペース。嫌なことは寝たら忘れるタイプ。食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。詳細なプロフィールはこちら