SEO対策

【ブログ初心者必須】URL検査ツールの使い方!インデックスリクエストしよう!

URL検査ツール(旧Fetch as Google)の使い方

どうも、とおる(@fukulog_toru)です。

ブログ始めたけど全然アクセス増えなぁ。そういえば、更新してから検索エンジンで記事を見つけようとしても、すぐには載ってない!少しでも早く載せるにはどうすればいいのかな?

こんなブログ初心者の悩みをスパパパーンと解決します。

ブログ立ち上げ時期は、ドメインパワーが弱いため記事を公開しても検索エンジンにインデックス(登録)されるのが遅く、いち早く書いても機会損失(アクセスや収益)になりがちです。

とおる
とおる
僕もブログ立ち上げ当初は、毎回この作業を欠かさずおこなっていたので、効果の高さはよく分かっています!

そんなインデックスを、こちらからリクエストできるのがSearch ConsoleのURL検索ツール(旧Fetch as Google)です。

今回は

  • インデックスの仕組み
  • URL検索ツール(旧Fetch as Google)の超簡単な使い方

についてご紹介します。

記事を書いたタイミングでインデックスされるようになれば、ライバルよりも早く記事を見てもらえアクセスを早期にゲットできる可能性があるので、ぜひ参考にしてみてください。

インデックスの仕組み

\動画解説はこちらをチェック/

 

とおる
とおる
記事を公開したあとに、記事の情報を収集してくれるクローラーに対して、インデックスのリクエストができるツールです!
クローラーとインデックス

クローラーは、ブログや記事の情報を収集してくれるプログラムで、検索エンジンに登録してくれる重要なやつ。

クローラーロボットの仕組み

インデックスは、簡単に言えば検索エンジンに登録されること。

 

このツールが特に効果的なのはブログ立ち上げ時のSEOが弱い時です。

ブログのSEOが弱ければ、インデックスされるまでに最悪数日かかる場合もあります。

そうなれば、記事を書いてもすぐにインデックスされないので、上位表示できていた時の機会損失が生まれてしまいます。

とおる
とおる
僕はトレンド系の記事を書いていた時に、インデックスが遅くて得られたであろう機会損失を経験しました・・・

 

だから、より早くインデックスしてくれるように対策すべきなので、初めのうちは必ず記事公開後にURL検査ツールを活用してください。

URL検査ツールはSearch Consoleで使えますので、登録してない方は登録しておきましょう!

Search Console登録&サイトマップ作成
Google Search Consoleの登録方法&サイトマップ解説!どうも、高木です。 今回は「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」の登録方法と、簡単にどんなことに使うのか、さらにサイトマップの解説をします。 サーチコンソールは、ブログを運営する上ではお世話になるので、さくっと登録やサイトマップ送信方法を把握しておきましょう!...

URL検査ツール(旧Fetch as Google)の使い方!

とおる
とおる
使い方自体は、かなり簡単なのでサクッと覚えておきましょう!

まずは、Search Consoleにアクセスします。

上部にインデックス登録させたい、記事のURLを入力する欄がありますので、入力していきます。

入力が終わったら、Enterを押して下さい。

URL検査入力

 

しばらくするとURLがGoogleに登録されていませんというメッセージが出ますので、右下のインデックス登録をリクエストをクリックします。

URL検査インデックスリクエスト

 

インデックス登録できるのか、テストが始まりますのでしばらく待ちましょう。

URL検査インデックス確認

 

インデックス登録をリクエスト済みというメッセージが出たら、インデックス登録のリクエストは完了です。

URL検査インデックスリクエスト1

上記の画像にも書いてありますが、インデックス登録のリクエストを何度繰り返しても、順番が早くなることはないので、一度成功したらあとは放置しましょう。

URLがすでにインデックスされていると・・・

とおる
とおる
URLがすでに検索エンジンに登録されていると、こんなメッセージが出ます!
URL検査インデックス済み

 

記事を更新したら再度インデックス登録リクエストしよう!

とおる
とおる
記事に新たな追記をした場合や、リライトした場合は再度、インデックス登録リクエストをしておきましょう!

そうすることで、記事の更新内容を早くクローラーに収集してもらえることになるので、記事の評価アップの可能性ありです。

なので、更新後は必ずURL検査ツールを活用しましょう。

 

再リクエストする場合は、再度URL入力欄にリクエストしたいURLを入力、もしくは履歴から選択すればできます。

URL検査再リクエスト

 

Fetch as Googleよりも簡単

とおる
とおる
使ってみた感想としては、Fetch as Googleよりも、簡単にインデックス登録リクエストをすることができるなと。

Fetch as Googleでは、URLを入力してから数回クリックする手間がありましたが、URL検査ツールは、さらに簡略化されています。

リクエスト送信に多少時間がかかりますが、ユーザビリティを考えると、シンプルに扱える仕様の方が扱いやすいので、個人的にはいいなと思いました。

さすが、ユーザーファーストなGoogleです。

まとめ

URL検査ツールは、以前のFetch as Googleに変わる、インデックス登録リクエストができるツールになります。

インデックスされるのが早くなるほど、トレンド系の記事を書いた時に爆発的なアクセスを集められるようになりますし、ブログ立ち上げ時のインデックスが遅い時期に役立ちます。

記事をリライトしたり、追記した場合も再リクエストすることで、記事の評価が上がり検索順位もアップする可能性もありますので、ぜひ活用しましょう!

ABOUT ME
とおる
人生を面白・可笑しく生きてます。 月間最高150万PV超え・1日16万PV超え 達成。日給8万円超え・月収60万超え達成。ブログ売却経験あり。簡単なWordPressカスタマイズや画像制作、SEOライティング等を活かして副業系・求人系・投資系のライティング経験もあり。性格は温厚でかなりのマイペース。嫌なことは寝たら忘れるタイプ。食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。詳細なプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。