「保護中」のコンテンツは近日中に開放していきます

Jetpackとは?設定や使い方解説!TwitterやFacebookへの連携方法も!

Jetpackの設定と使い方
あなた

WordPressで簡易的なアクセス解析が見れないかな?
記事を公開したら自動でSNSにも投稿できないかな?

こんな悩みを持つ方に、ぜひ読んでほしい記事です。

アクセス解析はAnalyticsで見るのが一般的ですが、PV数の確認程度でAnalyticsのページに飛ぶのは少し面倒です。

この記事で分かること
  • WordPressでも簡単な解析が見れる「Jetpack」の概要
  • Jetpackの設定方法や使い方

記事ごとのPV数や検索クエリなども見れますし、SNSへの自動投稿も可能ですので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
とおる
とおる
  • エンタメ系ブログ最高150万PV超&当ブログ最高10万PV超。ブログ売却も含め1年で1ブログのみ8桁収益経験
  • ブログ運営・YouTube(1300人ほど)・Twitter運用代行・ライター・コンサルなど幅広く活動中
  • 趣味は「筋トレ」「食べ歩き」「ガジェット」「映画鑑賞」など
目次

Jetpackとは?

Jetpackは有名なプラグインで、いわゆるプラグイン界の「何でも屋」といったところです!

有料プランが選択できますが、無料プランでも様々なことができます!

  • アクセス解析
  • SNS自動投稿
  • 画像表示スピード向上
  • スパム対策
  • 関連記事表示
  • シェアボタン設置

などなど。

有料プランにすればバックアップなどの機能が増えますが、ぶっちゃけ無料で十分です。

機能が多いですが、今回は必要だと思った部分を解説していますので、参考にしてみてください。

Jetpackの導入~設定と使い方

とおる
早速、導入していきましょう!

プラグインから新規追加

Contact Form7有効化

Jetpackを検索し

Jetpack有効化

インストールして有効化させます。

Jetpack有効化1

WordPress.comとの関連付け

有効化させると、下記のようなページに飛びますので、下にあるJetpackを設定をクリックします。

Jetpack設定

WordPress.comページとの関連付けするページに飛びます。

WordPress.comのアカウントをお持ちでない場合は、メールアドレスユーザー名パスワードを入力して、Create your accountをクリックして作成してください。

Jetpack設定0

すでに、WordPress.comのアカウントを、Akismet Anti-Spamプラグインの部分で作成されている方は、一番下のGoogleで続行という部分をクリックしてください。

Jetpack設定1

連携中と出ますので、しばらく待ちましょう。

Jetpack設定2

何やら選択する画面が出てきますが、特に何もせずにスキップしてください。

Jetpack設定3

次もスキップでOK。

Jetpack設定4

最後もスキップでOK。

Jetpack設定5

プラン選択画面に飛びますので、一番下の無料プランでスタートをクリックします。

Jetpack設定6

Jetpackで有効化させる機能と設定

WordPressの方に戻ってくるので、右上の設定、もしくは左の設定をクリックします。

Jetpack設定7

上のパフォーマンスを選択します。

Jetpack設定8

パフォーマンスおよびスピード部分の、サイトアクセラレーターを有効化と、その下にある画像の遅延読み込みを有効にするに、それぞれクリックして設定します。

Jetpack設定9

この機能を有効することによって、僕のブログの場合はほんのりスピードアップしましたが、状況によっては特に変化がないかもしれません。

機能を有効化させて変化がない場合は、有効化を解除してください。

次に共有を選択します。

Jetpack設定10

パブリサイズの接続部分の、ソーシャルメディアアカウントを接続するをクリックします。

Jetpack共有設定

今回は、FacebookとTwitterを連携させますので、Facebookページ(ビジネス用)Twitterアカウントをそれぞれ作っておいてください。

そして、それぞれのアカウントにログインしておいてください。

まずは、Facebookを連携させますので、Facebookの連携をクリックします。

Jetpack共有設定1

ログインしているアカウント名が出ますので、〇〇としてログインをクリックします。

Jetpack共有設定2

連携させたいFacebookページにチェックを入れ、次へをクリックします。

Jetpack共有設定3

アクセス許可設定はこのままでOKなので、完了をクリックします。

Jetpack共有設定4

OKをクリックします。

Jetpack共有設定5

連携をクリックすれば、連携が完了します。

Jetpack共有設定6

次にTwitterの連携をしていきますので、連携を選択します。

Jetpack共有設定7

アプリを承認をクリックします。

Jetpack共有設定8

連携をクリックします。

Jetpack共有設定9

これで、TwitterとFacebookとの連携が完了しました。

Jetpack共有設定10

共有ページに戻り、共有ボタン部分の投稿に共有ボタンを追加をOFFにします。

Jetpack共有設定12

これで、完了です!

Jetpackのアクセス解析

とおる
Jetpackでは簡易的ではありますが、アクセス解析機能があります!

サイト統計情報をクリックします。

Jetpackアクセス解析

アクセス解析画面に飛びます。

Jetpackアクセス解析1

上部では、

  • PV数のグラフ(日・週・月)
  • 今日のPV数
  • 過去最高PV数
  • 全期間PV数とコメント

がそれぞれ見れます。

下部では、下記の解析が見れます。

リファラ(アクセスの流入先)

どこからアクセスが来ているのかが分かります。

Jetpackアクセス解析2

検索キーワード

どんなキーワードで検索されて、ユーザーがブログに来たのかが分かります。

Jetpackアクセス解析3

人気の投稿とページ

日とページ毎の、アクセス数が見れます。

Jetpackアクセス解析4

クリック数

記事内に貼ってあるリンクが、どれだけクリックされたかが分かります。

Jetpackアクセス解析5

JetpackとGoogle AnalyticsとのPV数に関して、自分なりに調べたところ、誤差はわずかながらあります。

ですが、大きくかけ離れているわけではないので、PV数をサクッと確認するくらいならJetpackの統計情報で十分です。

ただ、検索キーワードなど他の項目に関しては、やはりSearch ConsoleやGoogle AdSenseの方が詳細に分析できます。

あくまで、Jetpackの統計情報は目安として、サクッと現状把握するくらいの活用がいいかなと思います。

記事公開時の自動投稿カスタムメッセージについて

とおる
SNSの自動投稿時に、お好みのカスタムメッセージを設定することができます!

エディターで記事を書いて公開する前に、公開パブリサイズ共有部分の設定をクリックします。

Jetpack共有カスタムメッセージ

カスタムメッセージ部分には、デフォルトで記事タイトルが入力されています。

このままでもいいのですが、リード文の一部を抜粋するなど、SNS投稿時にはよりクリックされやすいような文章を入力することを、おすすめします。

Jetpack共有カスタムメッセージ1

入力したらOKをクリックして設定完了です。

Jetpack共有カスタムメッセージ2

文字数は140文字以内に収めるようにしましょう。

Twitterでは、140文字の制限がありますので、文字数制限を超えるとFacebookには投稿されても、Twitterには投稿されません。

あとは、公開すれば自動的にSNSへ記事が投稿されます!

Facebook投稿例

JetpackでFacebook自動投稿

Twitter投稿例

JetpackでTwitter自動投稿

まとめ

Jetpackは、簡易アクセス解析・SNS自動投稿・画像表示速度アップなどなど、様々な機能が使えるプラグイン界の何でも屋です。

設定できる項目はいろいろあるものの、特にSNSへの自動投稿は便利な機能ですので、是非活用してみてください。

アクセス解析もサクッと見るくらいなら、シンプルで見やすいので、PV数の推移やページごとのPV数なども参考に、ブログ作りをしていきましょう。

Jetpackの設定と使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる