WordPress

Jetpackとは?設定や使い方解説!TwitterやFacebookへの連携方法も!

Jetpackの設定と使い方

どうも、高木(@amaterasusun111)です。

今回は、簡易的なアクセス解析も、SNS(TwitterとFacebook)への自動投稿もできるプラグイン【Jetpack】の設定と使い方を解説します!

特に、SNS自動投稿はアイキャッチ画像とともに、クリック率がアップするような独自メッセージで投稿も可能ですので、アクセスアップにも貢献してくれるはずです!

Jetpackとは?

 

Jetpackは有名なプラグインで、いわゆるプラグイン界の「何でも屋」といったところです!

有料プランが選択できますが、無料プランでも様々なことができます!

  • アクセス解析
  • SNS自動投稿
  • 画像表示スピード向上
  • スパム対策
  • 関連記事表示
  • シェアボタン設置

などなど。

 

有料プランにすればバックアップなどの機能が増えますが、ぶっちゃけ無料で十分です。

機能が多いですが、今回は必要だと思った部分を解説していますので、参考にしてみてください。

 

Jetpackの導入~設定と使い方

とおる
とおる
早速、導入していきましょう!

プラグインから新規追加

Contact Form7有効化

 

Jetpackを検索し

Jetpack有効化

 

インストールして有効化させます。

Jetpack有効化1

WordPress.comとの関連付け

有効化させると、下記のようなページに飛びますので、下にあるJetpackを設定をクリックします。

Jetpack設定

 

WordPress.comページとの関連付けするページに飛びます。

WordPress.comのアカウントをお持ちでない場合は、メールアドレスユーザー名パスワードを入力して、Create your accountをクリックして作成してください。

Jetpack設定0

 

すでに、WordPress.comのアカウントを、Akismet Anti-Spamプラグインの部分で作成されている方は、一番下のGoogleで続行という部分をクリックしてください。

Jetpack設定1

 

連携中と出ますので、しばらく待ちましょう。

Jetpack設定2

 

何やら選択する画面が出てきますが、特に何もせずにスキップしてください。

Jetpack設定3

 

次もスキップでOK。

Jetpack設定4

 

最後もスキップでOK。

Jetpack設定5

 

プラン選択画面に飛びますので、一番下の無料プランでスタートをクリックします。

Jetpack設定6

Jetpackで有効化させる機能と設定

WordPressの方に戻ってくるので、右上の設定、もしくは左の設定をクリックします。

Jetpack設定7

 

上のパフォーマンスを選択します。

Jetpack設定8

 

パフォーマンスおよびスピード部分の、サイトアクセラレーターを有効化と、その下にある画像の遅延読み込みを有効にするに、それぞれクリックして設定します。

Jetpack設定9

この機能を有効することによって、僕のブログの場合はほんのりスピードアップしましたが、状況によっては特に変化がないかもしれません。

機能を有効化させて変化がない場合は、有効化を解除してください。

 

次に共有を選択します。

Jetpack設定10

 

パブリサイズの接続部分の、ソーシャルメディアアカウントを接続するをクリックします。

Jetpack共有設定

 

今回は、FacebookとTwitterを連携させますので、Facebookページ(ビジネス用)Twitterアカウントをそれぞれ作っておいてください。

そして、それぞれのアカウントにログインしておいてください。

 

まずは、Facebookを連携させますので、Facebookの連携をクリックします。

Jetpack共有設定1

 

ログインしているアカウント名が出ますので、〇〇としてログインをクリックします。

Jetpack共有設定2

 

連携させたいFacebookページにチェックを入れ、次へをクリックします。

Jetpack共有設定3

 

アクセス許可設定はこのままでOKなので、完了をクリックします。

Jetpack共有設定4

 

OKをクリックします。

Jetpack共有設定5

 

連携をクリックすれば、連携が完了します。

Jetpack共有設定6

 

次にTwitterの連携をしていきますので、連携を選択します。

Jetpack共有設定7

 

アプリを承認をクリックします。

Jetpack共有設定8

 

連携をクリックします。

Jetpack共有設定9

 

これで、TwitterとFacebookとの連携が完了しました。

Jetpack共有設定10

 

共有ページに戻り、共有ボタン部分の投稿に共有ボタンを追加をOFFにします。

Jetpack共有設定12

 

これで、完了です!

 

Jetpackのアクセス解析

とおる
とおる
Jetpackでは簡易的ではありますが、アクセス解析機能があります!

サイト統計情報をクリックします。

Jetpackアクセス解析

 

アクセス解析画面に飛びます。

Jetpackアクセス解析1

上部では、

  • PV数のグラフ(日・週・月)
  • 今日のPV数
  • 過去最高PV数
  • 全期間PV数とコメント

がそれぞれ見れます。

 

下部では、下記の解析が見れます。

リファラ(アクセスの流入先)

どこからアクセスが来ているのかが分かります。

Jetpackアクセス解析2

 

検索キーワード

どんなキーワードで検索されて、ユーザーがブログに来たのかが分かります。

Jetpackアクセス解析3

 

人気の投稿とページ

日とページ毎の、アクセス数が見れます。

Jetpackアクセス解析4

 

クリック数

記事内に貼ってあるリンクが、どれだけクリックされたかが分かります。

Jetpackアクセス解析5

JetpackとGoogle AnalyticsとのPV数に関して、自分なりに調べたところ、誤差はわずかながらあります。

ですが、大きくかけ離れているわけではないので、PV数をサクッと確認するくらいならJetpackの統計情報で十分です。

 

ただ、検索キーワードなど他の項目に関しては、やはりSearch ConsoleやGoogle AdSenseの方が詳細に分析できます。

あくまで、Jetpackの統計情報は目安として、サクッと現状把握するくらいの活用がいいかなと思います。

 

記事公開時の自動投稿カスタムメッセージについて

とおる
とおる
SNSの自動投稿時に、お好みのカスタムメッセージを設定することができます!

エディターで記事を書いて公開する前に、公開パブリサイズ共有部分の設定をクリックします。

Jetpack共有カスタムメッセージ

 

カスタムメッセージ部分には、デフォルトで記事タイトルが入力されています。

このままでもいいのですが、リード文の一部を抜粋するなど、SNS投稿時にはよりクリックされやすいような文章を入力することを、おすすめします。

Jetpack共有カスタムメッセージ1

 

入力したらOKをクリックして設定完了です。

Jetpack共有カスタムメッセージ2

文字数は140文字以内に収めるようにしましょう。

Twitterでは、140文字の制限がありますので、文字数制限を超えるとFacebookには投稿されても、Twitterには投稿されません。

 

あとは、公開すれば自動的にSNSへ記事が投稿されます!

Facebook投稿例

JetpackでFacebook自動投稿

 

Twitter投稿例

JetpackでTwitter自動投稿

まとめ

Jetpackは、簡易アクセス解析・SNS自動投稿・画像表示速度アップなどなど、様々な機能が使えるプラグイン界の何でも屋です。

設定できる項目はいろいろあるものの、特にSNSへの自動投稿は便利な機能ですので、是非活用してみてください。

アクセス解析もサクッと見るくらいなら、シンプルで見やすいので、PV数の推移やページごとのPV数なども参考に、ブログ作りをしていきましょう。

ABOUT ME
高木とおる
人生を面白・可笑しく生きてます。 月間最高150万PV超え・1日16万PV超え 達成。日給8万円超え・月収60万超え達成。1ブログ770万円で売却成功。Lancersではシルバーランク。簡単なWordPressカスタマイズや画像制作、SEOライティング等を活かして副業系・求人系・投資系のライティング活動経験もあり。性格は温厚でかなりのマイペース。嫌なことは寝たら忘れるタイプ。食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。詳細なプロフィールはこちら
ブログノウハウを無料でプレゼント中!

0から数ヶ月で月間150万PV、月収60万円超、日給8万円達成し、770万円で売却に成功したブログの作り方や、稼ぐために必要なマインドなど全て手に入れて、あなたの人生を面白・可笑しくしていきましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。