Google Search Consoleの登録&使い方解説!

GoogleSearchConsole 登録 使い方

どうも、高木です。

今回は「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」の、登録方法と簡単にどんなことに使うのかの解説をします。

サーチコンソールは、ブログを運営する上ではお世話になるので、さくっと登録や使い方を把握しておきましょう!

Google Search Consoleについて

Google Search Console(以下GSC)は、Googleが提供している無料サービスで、簡単に言えばよりブログをより検索されやすくする、ブログの状態を教えてくれるものです。

ブログ運営をしたことのない方は、「なんのこっちゃ??」という感じで、全く聞き覚えのないツールだと思いますが、ブログ運営を行なうにあたり重要になります。

そんなGSCでは何ができるのか?そして、なぜ重要なのかを登録する順序とともに解説していきます。

まずは、GSCへの登録作業から行いましょう!

GSC登録

Googleアカウントにログインした状態でGSCへアクセスします。

次に、ブログURLを入力し、プロパティーを追加します。

 

すると、サイトの所有権を確認するという作業を行うことになります。

まずは、HTMLファイルをダウンロードしてサーバーにアップロードします。

サーバーへのアップロードにはFileZilla(FFFTPなどの他のツールをすでに使用している方はそちらでも構いません)を使用しますので、まだダウンロードと設定していない方は下記の記事を見ておいてください。

FileZilla(FTPソフト)のダウンロード&設定&使い方解説!

 

自分のドメインのフォルダ(画像のフォルダ等が入っている部分)に、ダウンロードしたファイルをアップロードします。

自分のドメインフォルダ→public_htmlフォルダ内にアップロードします。

 

アップロードの確認が取れたら、「確認」をクリックして所有権の確認が取れれば登録完了です!

 

GSCの使い方

次にGSCを使用してどのようなことができるのかや、使い方について解説します。

GSCでできること その1 ~XMLサイトマップ作成&送信~

GSCに登録しておくことで、XMLサイトマップを作成することができます。

XMLサイトマップとは??

サイトマップとはそのブログやサイトに、どんな記事があるのかひと目で分かるように作成されるもの。XMLサイトマップは検索エンジン用に設置するためのサイトマップ。

このXMLサイトマップを作成しておくことで、作成していないブログよりはSEO的に有利になります。

では、なぜ有利になるのか??

 

記事を更新すると、クローラー(サイトの評価をしてくれるプログラム)がリンクを辿ってブログ内を巡回して、被リンク(他のサイトが自分のサイトのURLを貼ってくれること)の数や記事の内容などを分析して、その記事が良質であるかどうかなど総合的に判断してくれます。

この判断結果によって、良質なブログと判断されれば、だんだんインデックス速度がアップし、検索エンジンで上位表示されやすくなります。

しかし、ブログ立ち上げ当初は記事数が少なく質も低い、他サイトからの被リンクも少なくブログ的には未完成なので、記事を更新してもインデックス速度が遅かったり、なかなか上位表示ができません。

 

これは、クローラーが優先的に他の良質な記事やブログなどを先に巡回しているからで、このクローラーが巡回してこない以上は、ブログや記事の良し悪しを判断してもらえないのです・・・

そこで、まだまだ初期段階のブログでも、GSCにXMLサイトマップを作成し送信しておくと、クローラーが優先的に巡回してくれるようになります。

クローラーに対して、より効率よく巡回してくれるようにするのが、XMLサイトマップの役割です!

 

サーチコンソールに登録することで、このXMLサイトマップ作成&送信が簡単に行なえます。

サイトマップを作成するにあたって、まずはGoogle XML Sitemapsというプラグインをインストールしておいて下さい。

 

その後、ダッシュボードの右の方にある「サイトマップ」をクリックします。

 

右の方にある「サイトマップの追加/テスト」をクリックし、「sitemap.xml」を入力欄に入力して送信をクリックします。

 

送信はしましたが、まだ反映されていないので「ページを更新する」をクリックします。

 

サイトマップが送信され、登録されました!

 

GSCでできること その2 ~手動ペナルティーの確認~

質の低い記事を書いていると、Googleから手動ペナルティーを受けることがあります。

手動ペナルティーを受けると、その記事が圏外(検索結果の遥か彼方まで飛ばされたり、検索結果から削除される)になり、アクセスが激減してしまいます。

これはある日突然来るので、アクセスが激減してしまった時にはこの可能性があるということです。

 

この手動ペナルティーは、実施されるとサーチコンソールにメッセージが来るようになっています。

例えば「サイトがGoogleの品質に関するガイドラインに違反しています」というような内容のメッセージが来ていれば・・・確定です(笑)

 

再審査はもちろん可能ですが、違反しているというメッセージ以外に、具体的にどこを修正すれば大丈夫なのか?までは書かれていません。

まあ、このメッセージが来るってことは、コピーコンテンツが多いとか質が低いから来るので、普段からオリジナリティーがあり、著作権違反もせずにボリュームがあり、質の高い記事を書いていればこないので、あくまでアクセスが激減した時の原因の確認と質の低い記事の修正をするべき指標として使えます。

以上でGSCことGoogle Search Consoleの、登録方法や使い方について終了します!

お疲れ様でした!

GoogleSearchConsole 登録 使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスを生業としている。ブログ運営実績では月間150万PV・1日16万PV 達成。さらにブログ売却経験もあり。 性格は温厚でかなりのマイペース、嫌なことは寝たら忘れるタイプ。 食べること・筋トレ、神社など古き良き建物好き。
詳細なプロフィールはこちら